進取の気風にあふれる総合大学

国立大学法人鹿児島大学

文字サイズ

教育・学生生活

トップページ>教育・学生生活>大学(学部)のアドミッション・ポリシー

大学(学部)のアドミッション・ポリシー

法文学部

<法文学部の教育目標>
 法文学部は、情報化、国際化および地域の変化に伴う諸問題に適切に対処できる現実的な問題解決能力をもつ人材の育成を教育目標にしています。
 
<入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)>
1.求める人材像
  • 人文社会科学を学ぶ上で必要となる幅広い基礎学力を備えている人
  • 地域社会と世界の人間・文化・社会に関心をもつ人
  • 現実に即した問題解決能力・言語能力・情報処理能力の習得に意欲のある人
  • 大学で自分の将来および可能性を探求する意欲のある人
 
2.入学前に身に着けておいて欲しいこと
  入試で課されている教科を中心とした幅広い基礎学力
  • 国語の基礎学力
  • 外国語の中でも特に英語の基礎学力
  • 地歴・公民における社会科学の基礎知識
  • 数学の基礎学力
  • 理科における自然科学の基礎知識
  • その他学科の特色に応じて求められる能力
 
3.入学者選抜の基本方針(一般入試・推薦入試Ⅱ共通)
  • 大学入試センター試験では幅広い基礎学力が身についているかどうかを判定します。
  • 個別学力検査では学科ごとの教育内容と入試の特色に応じて必要な意欲・関心につき判定します。
 


 教育学部

<教育学部の教育目標>
 鹿児島大学の教育目標や教育学部の目的をうけて,教育学部では,次のような人材の育成を目標とする。
 
 学校教育を取り巻く諸課題に対して,理論的かつ実践的に探究することのできる高度な専門性と豊かな人間性を兼ね備えた教育者
 
<入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)>
1.求める人材像
 教育学部では,「学校教育を取り巻く諸課題に対して,理論的かつ実践的に探求することのできる高度な専門性と豊かな人間性を備えた教育者」の育成を目的としています。このようなことから,次のような人を求めています。
 
  • 幼稚園,小学校,中学校,高等学校や特別支援学校の教員になりたいという志望が強く明確な人
  • 入学後に修める専門的な知識・技能を身につけるのに必要とされる基礎的な能力を備えている人
  • 教員になるための専門的な学習や実習等に積極的に取り組む意欲が旺盛な人
  • 児童・生徒や周囲の人々とのコミュニケーションを豊かに保とうとする意欲をもつ人
  • 自分の人間性を高めるために,たゆまず持続的に努力する人
 
2.入学前に身につけておいて欲しいこと
 学校教育に関わる教員は,専門とする分野以外にも幅広い教養と学力を身につけることが求められています。また,本学部では教育実習をはじめ様々なかたちで人と関わる機会が多々あります。そのため,入学に際し以下のことを身につけておくことが望まれます。
  • 学校教育の教員として必要な知識を学ぶための幅広い基礎学力
  • 学校現場での実習に際し児童・生徒の模範となれる規範意識
  • 規則正しい生活習慣
  • 様々な人と関わるための基本的マナー
  • 身近な事柄を知識と結びつける能力や,他者と協働する姿勢
 
3.入学者選抜の基本方針(一般入試、各選抜ごとに記述)
  • 前期日程では、大学入試センター試験の科目を課すとともに、個別学力検査で各課程・コースに応じて国語、数学、外国語、実技等のうちから必要な科目等を課し、基礎学力、思考力、技能等を評価します。
  • 後期日程では、大学入試センター試験の科目を課すとともに、個別学力検査で各課程・コースに応じて小論文、実技等のうちから必要な科目等を課し、基礎的な理解力、問題意識、学習意欲、社会への関心度、技能等を評価します。
 


 理学部

<理学部の教育目標>
 理学部は多様な科学的問題に対応できる幅広い課題探求能力の育成を図ることを目標とし、次のような人材の育成を目指します。
 
1. 自然科学の専門知識と幅広い教養を併せもち、論理的科学的思考力を身に付けた人
2. 学問の高度化や多様化に柔軟に対応できる、創造力のある人
3. 社会性、国際性、学際性が豊かで、先端科学の知識と問題解決能力を身に付けた人
4. 高い倫理観をもって人類の幸福と福祉に貢献できる人
 
<入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)>
1.求める人材像
  • 自然科学に関する基礎的な知識と理解力を備えており、数学と理科に高い学力を有する人
  • 課題の発見と解決に積極的に取り組み、知的好奇心や探究心の旺盛な人
  • 広い学問的視野と適応性を兼ね備えて、自然と調和の取れた科学の発展に貢献できる人
 
2.入学前に身につけておいて欲しいこと
  • 高等学校で学ぶ国語、外国語等の基礎学力に加えて、各学科で必要とされる数学と理科の高い学力を身につけてください。分からないことがあれば積極的に調べ、それでも分からないときは質問する習慣を身につけてください。
  • 高等学校で学ぶ教科の学習や、課外活動などのさまざまな体験を通じて、論理的な思考能力と表現力を身につけてください。
 
3.入学者選抜の基本方針
  • 理学部では、一般入試(前期日程)、一般入試(後期日程)、AO入試又は推薦入試Ⅰによって入学者を選抜します。
  • 一般入試(前期日程)では、大学入試センター試験によって基礎学力が身についているかを判定し、個別学力検査によって各学科で必要とされる数学と理科及び外国語の高い学力が身についているかを判定します。
  • 一般入試(後期日程)では、大学入試センター試験によって基礎学力が身についているかを判定し、面接によって論理的思考能力及び表現力を判定します。 
  • AO入試及び推薦入試Ⅰでは、小論文又は適性試問等と面接によって各学科で必要とされる数学と理科の適性と論理的思考力及び表現力を判定します。
 


 医学部

<医学部の教育目標>
 医学部は、全人的医療を実践しうる医療人の育成並びに独創的研究を行える研究者及び優れた指導者の育成を目的とします。
 
<入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)>
1. 求める人材像 
  • 思いやりのある人
  • 幅広い基礎知識を有する人
  • 人の生命や社会に深い関心をもつ人
  • 探究心があり、物事に積極的に取り組む人 
 
2. 入学前に身につけておいて欲しいこと 
  • 基礎的な学力
  • コミュニケーション能力
  • 医療への関心
  • 人を思いやる心
  • 物事に対する責任感
  • 探究心
  • 論理的な思考力 
 
3. 入学者選抜の基本方針
  • 一般入試前期日程では、大学入試センター試験、個別学力試験により高校の学習の到達度を評価します。医学科では,医師としての適性を判定するために面接試験も実施します。
  • 一般入試後期日程では、大学入試センター試験、小論文および面接により基礎学力ならびに適性を判定します。
  • 推薦入試では、医学科は大学入試センター試験および面接により、保健学科看護学専攻は小論文および面接により基礎学力ならびに適性を判定します。
  • 私費外国人学部留学生入試では、日本留学試験、TOEFL、小論文および面接により基礎学力、日本語能力ならびに適性を判定します。
  • 国際バカロレア入試では、提出された書類および面接により基礎学力、日本語能力ならびに適性を判定します。
 


 歯学部

<歯学部の教育目標>
 歯学部は、「歯科医療人である前に良識豊かな人間であれ」という理念のもとに、下記の教育目標を達成します。
 

1.全人的歯科医療を実践しうる歯学分野における幅広い知識と創造性に富む歯科医師および歯科医学教育者・研究者の育成

2.地域医療に貢献しうる幅広い識見と人間性豊かな使命感にあふれる歯科医師および歯科医学教育者・研究者の育成

3.国際社会においても卓越した貢献をなしうる歯科医師および歯科医学教育者・研究者の育成

 
<入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)>
1. 求める人材像
  • 生命への強い関心、人間としてのモラル、奉仕精神にあふれる人
  • 歯科医学の知識や技能を十分理解・修得できる基礎学力のある人
  • 歯科医学に興味を持ち、科学的探究心の豊かな人
  • 幅広い視野と柔軟な感性を持ち、常に考え行動する資質のある人
  • 歯科医療人として社会に貢献しようとする強い意欲を持つ人
  • さらに、推薦入試Ⅱでは、歯科医療の発展に貢献しようとする強い意欲と情熱を持つ人
 
2.入学前に身につけておいて欲しいこと
  • 高等学校の国語、数学、理科、地歴、公民、英語などの幅広い基礎学力のほか、特に数学、理科、英語の高い知識・能力
 
3.入学者選抜の基本方針(一般入試・推薦入試Ⅱ共通)
  • 大学入試センター試験では幅広い基礎学力が身についているかどうかを判定します。
  • 個別学力検査では教育内容と入試の特色に応じて必要な学力や意欲・関心・適性に基づき判定します。
 


  工学部

<工学部の教育目標>

 知識基盤社会を先導する工学部は、高度な専門職業人の養成教育において、ひとりひとりの学生が自ら向上心をもって主体的に学修し、困難に立ち向かう「自主自律と進取の精神を有する学士(工学)」の育成を目指します。そのため、次の教育の目標を掲げます。

 

1.「ものづくり」において地域社会及び国際社会で活躍できる技術者・研究者を目指す学生に、幅広い教養と高度な専門能力を育みます。

2.獲得した知識や技術等を統合的に活用することにより、人類社会や文化と自然との調和ある発展に貢献する能力を養います。

3.高度な工学技術や知識を、実社会における課題解決のために応用できる創成能力を養います。

4.豊かな人間性と普遍的な倫理観に基づき、自ら向上心をもって次代を切り拓く力を養います。

5.社会的な責任を担いつつ、グローバルな教養人として生涯にわたって自己研鑽に取り組む力を養います。

 
<入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)>
1. 求める人材像
 工学部は、本学部の教育目標に共感できる次のような人を、国内外から広く求めています。
  • 工学部の学位授与の方針を達成できる基礎学力ないしは素養のある人
  • 工学の面白さを学びたい、ものづくりに取り組んでみたい、技術開発に挑戦したい等の夢をもつ人
  • 自ら考え、主体的に学修する目的意識が明確で、そのための学修意欲が高い人
 
2. 入学前に身につけて欲しいこと
 高等学校レベルの国語、地歴、公民、数学、理科、外国語などの基礎学力のほか、特に各学科での専門教育に対応できる数学、理科の知識と能力が必要となります。
 
3. 入学者選抜の基本方針
 工学部では、一般入試(前期日程、後期日程)、推薦入試Ⅰ、推薦入試Ⅱ、私費外国人留学生入試、国際バカロレア入試により入学者を選抜します。
  • 一般入試(前期日程)では、大学入試センター試験で5教科7科目、個別学力検査で数学、理科及び外国語を課し、基礎学力・思考力などを評価し、全学科間で第2・第3志望を認めて選抜します。
  • 一般入試(後期日程)では、大学入試センター試験で3教科5科目、個別学力検査で小論文を課し、基礎学力・論理的思考力などを評価し、全学科間で第2・第3志望を認めて選抜します。
  • 推薦入試Ⅰでは、大学入試センター試験を免除し、個別学力検査で面接などを課し、高校の調査書を含め、基礎学力、学習意欲、目的意識などを評価し選抜します。
  • 推薦入試Ⅱでは、大学入試センター試験に加え、個別学力検査で面接などを課し、高校の調査書を含め、基礎学力、学習意欲、目的意識などを評価し選抜します。
  • 私費外国人学部留学生入試では、個別学力検査で面接を課し、基礎学力、日本語能力、学習意欲、目的意識などを総合的に評価し選抜します。
  • 国際バカロレア入試では、IB最終試験6科目の成績、志望理由書などの書類審査により、基礎学力・論理的思考力・表現力などの能力、学習意欲、目的意識などを評価し選抜します。
 


 農学部

<農学部の教育目標>
 南九州という多様な自然環境と生物資源に恵まれた地域の特性を活かし、フィールド等での実践的な教育を重視し、豊かな人間性と広い視野、応用・実践能力、国際性を備えた農林業、食品産業等及び食住農関連分野の技術者・指導者などの育成を目指します。
 
<入学者受入方針(アドミッションポリシー)>
1. 求める人材像
 鹿児島大学農学部は、次のような学生を国内外から広く求めています。
  • 農林業や食料生産、環境保全、生命科学の農学関連分野に強い関心を持ち、将来これらの分野で活躍をめざす意欲のある人
  • 自然科学の幅広い知識と外国語の基礎的な学力を備え、知識・技能を活用して課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力の修得に意欲のある人
  • フィールドでの教育に強い関心を持ち、農学に関する実務・実技能力の向上を目指す人
  • グローバル化する産業社会に参画し、地域社会、国際社会に貢献することを目指す人
 
2. 入学前に身につけておいて欲しいこと
  • 高等学校の国語、地理歴史、公民、数学、理科、外国語などの幅広い基礎学力のほか、特に数学、理科の高い知識・能力が必要となります。
 
3. 入学者選抜の基本方針
 農学部では、一般入試(前期)、一般入試(後期)及び推薦入試Ⅰの方法によって入学者を選抜します。
  • 一般入試(前期日程)では、大学入試センター試験に加え、個別学力検査を課し、基礎学力および思考力を評価し選抜します。
  • 一般入試(後期日程)では、大学入試センター試験成績による幅広い学力の確認に加えて、小論文形式によって、理論的思考力、記述・表現力、外国語能力を評価し、総合的に選抜します。
  • 推薦入試Ⅰでは、農学への意欲と勉学・研究への潜在能力をもつ学生を受け入れるため、小論文、面接に基づいて総合判定し選抜します。
 


  産学部

<水産学部の教育目標>

 水産学部は専門知識を修得し豊かな世界観と倫理観を備えた水産技術者を社会に送り出すために、以下の教育目標を掲げます。
 
1. 鹿児島から東南アジア・南太平洋を含む水圏をフィールドとして、水産資源の持続的生産とその合理的利用及び水圏環境の保全・管理の分野の専門知識を修得した人材の育成
2. 豊かな世界観と倫理観を備え、グローバル化する産業社会に参画する人材の育成
3. 地域社会と国際社会に貢献できる進取の精神を持った人材の育成
 
<入学者の受入方針(アドミッション・ポリシー)>
1.求める人材像
  • 海洋環境や水圏の生物に興味を持ち、水産業の基盤である海洋環境や水圏に生息する生物の特性と両者の相互作用についての基礎科学を学び、学校教育や環境教育の現場あるいは海洋環境と生物に関する調査・保全に関わる機関で働きたい人
  • 水産資源の生産管理や増養殖に興味を持ち、水産資源とその採捕・管理及び増養殖に関する理論と技術について学び、漁業技術産業、増養殖産業あるいは水産資源の開発・管理や増養殖に係る公的機関で働きたい人
  • 水産食品や水産資源の先進利用に興味を持ち、水産資源の食品としての利用と機能性化成品などへの先進的な利用について学び、食品・化学品製造業及び製薬業ならびにそれらの関連分野で働きたい人
  • 水産政策や水産物流通に興味を持ち、水産政策と水産物流通・経済に関連する知識と技術について学び、水産流通業や食品産業、水産系公務員、水産系金融、水産系公的機関などで働きたい人
  • 水圏環境の保全に興味を持ち、赤潮、有機汚染、有害化学物質汚染(人為的ネガティブインパクト)、水圏環境の保全と修復について学び、環境アセスメントや関連分野及び公的機関で働きたい人
  • 水産教員、海技士、または水産に関わる公的機関の職員(水産ジェネラリスト)として働くために必要な職業能力を強化し、地域社会に貢献したい人
 
2.入学前に身につけておいて欲しいこと
  • 高等学校で学ぶ国語(読解、文章表現)、英語、数学(数学Ⅰ、数学Ⅱ)の基礎学力が必要です。
  • 専門科目修得のためには、各教育分野に対応した科目(生物、化学、物理、地学等)の学力が要求されます。これらの科目は1年次に習得できますが、理解するための基礎学力が必要です。
 
3.入学者選抜の基本方針
 水産学部では、一般入試(前期)、一般入試(後期)、AO入試、推薦入試Ⅰ及び私費外国人学部留学生入試によって入学者を選抜します。
  • 一般入試(前期日程)では、大学入試センター試験に加え、個別学力検査を課し、基礎学力および思考力を評価し選抜します。
  • 一般入試(後期日程)では、大学入試センター試験成績による幅広い学力の確認に加えて、小論文形式によって、論理的思考力、記述・表現力を評価し、総合的に選抜します。
  • AO入試では水産・海洋系高校から、推薦入試Ⅰでは普通高校から、水産学への意欲と勉学への潜在能力をもつ学生を受け入れるため、面接、小論文、出願書類に基づいて総合判定し選抜します。
  • 私費外国人学部留学生入試では、日本留学試験、英語および面接により、基礎学力、日本語能力ならびに水産学への意欲と勉学への潜在能力を総合判定し選抜します
 


  共同獣医学部

<共同獣医学部の教育目標>

 共同獣医学部は、国際水準の獣医学教育を体系的に創出・実践するとともに、学際協力により深い知識と高度な技術を備えた専門性の高い獣医師を養成し、幅広い見識と倫理観をもって人間社会の質的向上に貢献できる能力を培い、問題解決能力と自己資質を向上させる能力を涵養することで、地域に根ざすとともに、社会のニーズに対応した人間地球社会を俯瞰できる人材を輩出することを教育目標としています。
 
<入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)>
1. 求める人材像
 発展・進化する獣医科学に取り組む知識欲と探求心、これを実践・活用する論理性と創造力、及びチーム活動と共生社会形成のためのコミュニケーション能力の素養を備えた、次のような学生を求めています。
  • 獣医師の幅広い職責について理解し、獣医学を志す明確な目的意識を有する人
  • 自然科学、人文・社会科学及び語学に関する基礎教科を満遍なく学習し、獣医学の知識や技術を充分に理解、修得するための基礎学力を身につけている人
  • 人と動物の健全な共生社会実現のために積極的に取り組む意思を有し、社会的にコミュニケーションがとれる人
 
2. 入学前に身につけておいて欲しいこと
  • 大学入試センター試験及び個別学力検査で課す教科・科目における十分な基礎学力と思考力が必要になります。また、小論文及び面接においては自分の考えを明確に表現する能力を身につけておく必要があります。
 
3. 入学者選抜の基本方針
(一般入試)
  • 前期日程:大学入試センター試験で5教科7科目を課すとともに、個別学力検査で数学及び理科を課し、基礎学力、思考力を評価します。
  • 後期日程:大学入試センター試験で3教科5科目を課すとともに、個別学力検査では面接調書を作成して面接を課し、基礎学力、志望動機、勉学意欲、理解力、表現力、適正を評価します。
(特別選抜等)
  • 推薦入試Ⅱ:高等学校の学習成績概評がA以上の者について、大学入試センター試験で5教科7科目を課すとともに、個別学力検査で小論文及び面接を課し、基礎学力、志望動機、勉学意欲、理解力、分析力、論理的思考力、表現力、適正を評価します。
  • 私費外国人学部留学生入試:日本留学試験を課し、さらには面接用作文を作成して面接を課し、基礎学力、日本語能力、志望動機、勉学意欲、英語能力を総合的に評価します。