進取の気風にあふれる総合大学

国立大学法人鹿児島大学

文字サイズ

教育・学生生活

トップページ>教育・学生生活>大学(学部)のカリキュラム・ポリシー

大学(学部)のカリキュラム・ポリシー

法文学部

 鹿児島大学法文学部は、学位授与の方針に掲げる能力を備えた人材を育成するために、以下に示す方針に基づいて、初年次から卒業まで系統性のある教育課程(カリキュラム)を編成します。
 
  1. 人文社会科学に関する幅広い教養と高度な専門的知識及びこれらに基づく論理的・科学的思考力を育むために、「基礎」・「活用」・「実践」の三つの領域による体系的な教育プログラムを提供します。
  2. 人文社会科学の各学問分野を学ぶための総合的な見方と基礎的な知識を身につけるために、法文スタンダード科目及び学科共通の「基礎」領域科目を配置します。
  3. 人文社会科学の各学問分野に関する幅広い教養と高度な専門的知識を育み、人と社会、人と文化に関する論理的・科学的思考力を身につけるために、コースごとに「活用」領域科目を配置します。
  4. 人文社会科学の知識を踏まえ、地域社会や国際社会における諸課題を適切に解決するための判断力を身につけるために、コースごとに「実践」領域科目を配置します。
  5. 自ら習得した知識を自らの考えに即して他者に説得的に伝える能力を身につけるとともに、南九州特有の歴史・文化・社会や高度な専門的職業につながる分野についての知識を習得し、現場を熟知し、他者と協働し実践できる能力を備え、現場、地域社会、及び国際社会に積極的に貢献するために、法文アドバンスト科目を配置します。
 

教育学部

 鹿児島大学教育学部は,ディプロマ・ポリシーを実行,達成するために,以下のような方針でカリキュラムを編成,実施します。

 
  1. 学士課程の到達目標の実現に向けて,共通教育から卒業論文に至るまで,豊かな人間性と倫理観及び論理的思考力を育む専門的かつ体系的なカリキュラムを編成します。
  2. 教育現場において各専門分野の専門性を活かして行動できるよう,多様な演習科目を配置します。
  3. 教育に関する諸課題を幅広く考察して自ら発見・探究・解決する能力や実践的指導力,コミュニケーション力を育成するために,実践的科目群を配置します。
 

理学部

 鹿児島大学理学部は,学位授与の方針に掲げる能力を備えた人材を育成するために、以下に示す方針に基づいて、初年次から卒業まで系統性のある教育課程(カリキュラム)を編成します。

 
  1. 教養・見識を高め、確かな倫理観を養うために、共通教育科目を配置します。
  2. 理学に関する知識を習得するために、有機的連携を図った基礎専門科目並びに専門科目を配置します。
  3. 理学の知識や理論を活用するための科学的思考力、洞察力を習得し、幅広い問題に対応する自己解決能力を身に付けるために、専門科目(演習・実験)や特別研究を配置します。
 

医学部

 鹿児島大学医学部は、教育目標に掲げる「全人的医療を実践しうる医療人の育成並びに独創的研究を行える研究者および優れた指導者の育成」を達成するために、教育内容の順次性・系統性に配慮したカリキュラムを編成・実践します。

 
  1. 1~2年次には、基本的な人間力と専門教育の基礎能力の養成を目指した科目を配置します。
  2. 2年次以降は、より専門性の高い専門科目を配置します。
  3. 各学科の充実した臨床・臨地実習を通して実践力を養成します。
 

歯学部

 鹿児島大学歯学部は、学位授与の方針に掲げる人材を育成するために、以下の通り教育課程を編成のうえ、実施します。

 
  1. 卒業時の到達目標を達成するために、統合的かつ段階的な一貫教育を構築します。
  2. 地域および国際社会における多様な医療ニーズに対応できる能力の修得をめざし、学習者主体の能動的な教育を重視します。
  3. 医療人の基礎となるコミュニケーション能力、倫理観、プロフェッショナリズムに関する教育を学年横断的に実施します。
  4. 医療者に求められる臨床能力の修得をめざし、基礎と臨床を統合した教育を実施します。
  5. 鹿児島の独自性を活かした地域志向教育、地域および離島医療教育を学年横断的に実施します。
  6. 論理的思考に基づく問題解決能力、科学的探究心を醸成します。
  7. 教育過程の各段階において、求められる能力を適正に評価します。
 

工学部

 鹿児島大学工学部は、「自主自律と進取の精神を有する学士(工学)」を育成するため、教育内容の順次性・系統性に配慮した体系的編成の学位プログラムを構成する教育課程(教養教育及び専門教育)において、以下のような方針による質の高い教育を、高等教育における単位制度の仕組みに基づき実践します。

 
  1. 幅広い視野と多様な価値観を育み、進取の精神を有する技術者・研究者としての豊かな人間性と倫理観を得させる教養教育を実施します。
  2. 高等学校教育からの連続性に留意しつつ、その上に各専門分野の基礎から応用までの理論・技能を習得させる基礎教育を実施します。
  3. 工学知識・技術を発展させる汎用的な専門能力を得させるため、技術者・研究者として必須の専門教育を実施します。
  4. 学修した知識・技能・学習方法等を総合的に活用し、諸課題の解決に応用する能力を育成するため、研究活動を礎とする教育を展開します。
  5. 地域社会及び国際社会において進取の気風をもって活躍できるよう、その基盤となるコミュニケーションの能力を向上させる語学教育を推進します。
  6. 生涯にわたって、自らが主体的に対応する自己管理力を育くむため、対話を根幹とした自主学習を支援する個別指導に基づく教育を行います。
 

農学部

 鹿児島大学農学部の学位授与の方針に沿った人材を養成するため、豊かな教養を身につけさせるとともに、農学に関連した分野の学問と知識を習得させ、フィールドにおける実践的な力を養うための教育を行います。

 
  1. 1、2年次では、共通教育科目を中心に履修させ、幅広い教養を身につけることをめざすが、農学の専門領域への導入的な科目も履修させて基礎を養う科目を配置します。3、4年次では、専門領域の科目を重点的に履修する科目を配置します。
  2. 2年次から3年次にかけて教育コース分けを行い、各コースごとに特色のある講義科目により基礎的な理解度を向上させるとともに、本学部の特徴である充実したフィールドトレーニング(実験、実習)により実践力の向上を目指す科目を配置します。
  3. 3年次から4年次にかけて、研究室への配属を行い、教員による密接な指導や学生間のコミュニケーションと相互指導により課題研究に取り組みながら、問題解決能力を養う科目を配置します。
 

水産学部

 鹿児島大学水産学部は、学位授与の方針に掲げる能力を備えた人材を育成するために、以下の通り教育課程を編成・実施します。

 
  1. 地域・国際両面で、資源・環境・食品分野に強い水産技術者の養成のために必要な、基盤的な知識を修得させる科目群を配置します。
  2. 水産業の専門分野に必要な実践的で体系的な知識や技術を高いレベルで習得させるために、以下の分野等別の専門科目群を配置します。
  3. 専門的な科目群の内容を理解するとともに、生涯学べるように、基礎的な教育科目群を配置します。
  4. 英語コミュニケーションスキルを向上させる科目群を配置します。
  5. 水産技術者として実務に必要な、情報処理能力を向上させる科目群を配置します。
  6. 水産技術者として実務に必要な、報告書作成能力やプレゼンテーション能力、問題解決型の仕事をする能力を向上させる科目群を配置します。
  7. 水産技術者として円滑に社会貢献ができるように、フィールド・産業現場での業務能力、水産業従事者とのコミュニケーション能力の涵養を図る科目群を配置します。
  8. 水産技術者として円滑に社会貢献ができるように、チームワーク能力、水産技術者としての倫理観と判断力及び職業観の涵養を図る科目群を配置します。
  9. 水産業での国際社会や地域社会への貢献に対する意識や思考力を向上させる科目群を配置します。
  10. 水産業の専門分野で円滑に社会貢献ができるように、以下の領域で,職能強化のための科目群を配置します。
 

共同獣医学部
 

 山口大学との共同教育課程を通じて、同一授業科目を同一のシラバスおよび時間割に従って履修します。教育目標に掲げる人材を育成するために、両大学の教員がそれぞれの教育資源を有効に活用し、幅広い、専門性の高い獣医学教育を提供します。この共同教育課程のカリキュラムにより、次のような知識、技術、能力を身につけさせます。

 
  1. 生命倫理と獣医倫理に関する知識を身につけるために、斉一教育科目に導入科目を配置します。
  2. 動物体の構造と生理機能、生体に作用する化学物質と作用機構についての基礎知識と動物生命科学の研究を行うための技術を身につけるために、斉一教育科目に基礎獣医系科目を配置します。
  3. 病気による動物体の変化、病原体の構造と病原性、感染症の予防と制圧に関する知識と技術を身につけるために、斉一教育科目に応用獣医系科目を配置します。
  4. 伴侶動物の病気とその予防・診断・治療の知識と技術を身につけるために、斉一教育科目に臨床獣医系科目を配置します。
  5. 産業動物の病気とその予防・診断・治療、生産性向上と食の安全についての知識と技術を身につけるために、斉一教育科目に臨床獣医系科目を配置します。
  6. 獣医学の高度な知識と国際社会に貢献できる能力を身につけるために、アドバンス教育としての専修教育科目を配置します。