進取の気風にあふれる総合大学

国立大学法人鹿児島大学

文字サイズ

教育・学生生活

トップページ>教育・学生生活>大学院(研究科)のカリキュラム・ポリシー

大学院(研究科)のカリキュラム・ポリシー

人文社会科学研究科[博士前期課程・博士後期課程]

 鹿児島大学大学院人文社会科学研究科は、全学の教育課程編成・実施の方針及び人文社会科学研究科の教育目標に掲げる人材を育成するために、以下に示す方針に基づいて、系統性のある教育課程(カリキュラム)を編成のうえ、実施します。

 

(博士前期課程)
1.博士前期課程においては、研究倫理に則り、人文社会科学分野の専門的な知識と方法を体系的に学ぶために、専門分野ごとの演習・講義等を開設します。また、修士論文等、博士論文を計画的に作成していくために、論文指導に関する授業科目を開設します。
2.博士前期課程においては、人文社会科学分野の専門的な知識を実践的な問題解決へと結びつけ、地域と国際社会への理解やコミュニケーション能力を高めるために、フィールド調査を重視したプロジェクト研究や外国語論文指導等の授業を開設します。また、社会人学生のリカレント教育のために、特別演習等を配置するとともに、昼夜開講制や修士論文によらない学位取得のための教育コースを設けます。
 
 
(博士後期課程)
1.博士後期課程においては、研究倫理に則り、人文社会科学分野の専門的な知識と方法を体系的に学ぶために、専門分野ごとの演習・講義等を開設します。また、修士論文等、博士論文を計画的に作成していくために、論文指導に関する授業科目を開設します。
2.博士後期課程においては、地域経営・地域政策的視点を身につけたリーダー、地域文化の担い手や島嶼地域の諸問題に対処できる人材を養成するための科目を開設するとともに、学生が課題設定し主体的に解決方法を研究するための「プロジェクト研究型」授業科目を開設します。また、指導教員・副指導教員を中心とした複数指導体制により、学位請求論文の質的向上をはかります。
 

教育学研究科[修士課程・専門職学位課程]

 鹿児島大学大学院教育学研究科は、学位授与の方針に掲げる能力を備えた人材を育成するため、以下のとおり教育課程を編成のうえ、実施します。

 
<編成方針>
 以下の方針でカリキュラムを編成します。
 
1.専門分野を超えた学際的視点と俯瞰能力およびバランス感覚を習得するために、研究科共通科目および学修コース共通科目を設置します。
2.複雑な現状を分析し、自ら課題を発見し、課題解決のための計画、予測、判断、実行するための知識と技術を身に付けるための専門科目を設置します。
3.自らの知識と技術をもとに新たな価値と枠組みを創造していく力を養うための課題研究科目を設置します。
 
<実施方針>
 以下の方針でカリキュラムを実施します。
 
1.各授業科目のシラバスにおいて、到達目標、授業計画、成績の評価規準、オフィスアワーを告知します。
2.履修案内において、各授業の対象年次、必修と選択の別、開講年度を告知します。
3.主体性、積極性、責任感の涵養を目指すため、授業形態は、講義のみならず、実技、演習、グループワーク、アクティブラーニング(双方向授業)、ワークショップ、討論といった多様な形式を取り入れます。 
4.学外の学会発表や研究会への積極的参加を促し、自らの意見を伝える力、批判や疑問に答える力、他者の意見を傾聴する力、などの対話力の育成に努めます。
  

保健学研究科[博士前期課程・博士後期課程]

(博士前期課程)

 鹿児島大学大学院保健学研究科博士前期課程は、学位授与の方針に掲げる能力を備えた人材を育成するため、以下のとおり教育課程を編成のうえ、実施します。
 
1.豊かな人間性と広い視野を獲得できるように大学院全学横断的教育プログラムや、博士前期課程共通科目によって専門領域以外の様々な人々と共に学べるように編成し、育成します。
2.専門領域における基礎的能力を補強するために、専門的学習を促進するために領域共通科目を配置し、育成します。
3.高度専門職業人としての優れた知識・技術を修得し、地域や国際社会における保健医療に関する課題を解決するための研究力、教育力を獲得できるように専門科目(特論・特別演習・特別研究)を配置し、育成します。
4.他専門領域を理解し、協働できるようになるために、他領域の専門科目を修得できるように編成し、育成します。
 
(博士後期課程)
 鹿児島大学大学院保健学研究科博士後期課程は、学位授与の方針に掲げる能力を備えた人材を育成するため、以下のとおり教育課程を編成のうえ、実施します。
 
1.保健学の基礎となる幅広い知識を基に、高度な専門的知識を修得できるように、博士後期課程共通科目を配置し、育成します。
2.専門分野における質の高い知識・技術を修得し、地域や国際社会における保健医療を発展させるための自律的な研究活動と教育活動能力を獲得できるように専門科目(特論・特別演習・特別研究)を配置し、育成します。
3.専攻している専門分野を広い視点から捉え発展させられるように、他専門分野の専門科目を修得できるように編成し、育成します。
 

理工学研究科[博士前期課程・博士後期課程]

(博士前期課程)

 鹿児島大学大学院理工学研究科博士前期課程は、科学・技術の専門家として、幅広い視野をもち、グローバル社会で活躍できる人材を育成するため、各専攻が編成した学位プログラムを構成する教育課程において、以下のような方針による質の高い教育を実践します。
 
1.理工学の深奥を究めるために必要なそれぞれの専門領域の学力を習得させるための講義と演習を実施します。
2.実践的な問題解決力を修得させるため、問題の多面的な理解に必要な幅広い専門学力、倫理観を修得させる教育を展開します。
3.それぞれの学生が確かな専門学力に基づく課題研究に積極的に取り組み、新たな方向性を見出す力を養成するための専門教育を実施します。
4.プレゼンテーション能力や討論の技術を養うため、学会等での研究成果の発表を通した教育を実施します。
5.国際的に通用するコミュニケーション能力を修得させるため、英語による授業等を実施します。
 
(博士後期課程)
 鹿児島大学大学院理工学研究科博士後期課程は、グローバル社会で通用する科学・技術のリーダーとして、豊かな国際社会の実現に向けて科学・技術のフロンティアを開拓・牽引できる人材を育成するため、各コースにもうけた学位プログラムを構成する教育課程において、以下のような方針による質の高い教育を実践します。
 
1.理工学分野と他分野の知見を有機的に結びつけ、問題解決の手法、論理的な思考法、発展的課題の設定法、科学に関する倫理をより深く学ばせる教育を展開します。
2.実践的な問題解決力を修得させるため、問題の本質・普遍性を見抜き、新たな課題を発見・探求する力、多面的な理解に必要な幅広い専門学力、倫理観を修得させる教育を展開します。
3.それぞれの学生が高い見識と倫理観のもとに課題研究に積極的に取り組み、知の新たな方向性を先導する力を養成するための専門教育を実施します。
4.プレゼンテーション能力及び語学力をいっそう高めるため、研究成果の国内外の学会での発表及び学術誌への投稿を通した教育を実施します。
5.国際的に通用するリーダーシップを発揮する能力を修得させるため、自ら主体的に研究を展開する教育を実施します
    

農学研究科[修士課程]

 鹿児島大学大学院農学研究科は、学位授与の方針に掲げる能力を備えた人材を育成するため、農学に関連した分野の学問についてより高度な知識や技術を習得させるとともに、専門分野における基礎的な研究能力を養うため以下の方針に基づき教育を行います。
 
1.専門分野についての高度な知識を習得させるとともに専門的な実験や演習を課して技術や方法論を習得させる科目を配置します。
2.指導教員と討議しつつ、研究テーマを企画・立案し、研究計画に基づいて研究を遂行し、研究成果を修士論文として取りまとめる科目を配置します。
 

水産学研究科[修士課程]

 

 鹿児島大学大学院水産学研究科は、学位授与の方針に掲げる能力を備えた人材を育成するために、下記のとおり教育課程を編成のうえ実施します。
 
1.鹿児島大学の特徴・強みを生かした修士学位に相応しい専門的知識を体系的に修得させる科目を開講します。
【熱帯水産学国際連携コース】海外の大学との国際連携により、熱帯水産学に関する質の高い科目を提供します。
2-1.水産学の幅広く最新の基盤的知識を修得する科目を開講します。
【留学生プログラム】水産学全般を理解させる科目群を英語で開講します。
2-2.高度な水産技術者に必要な英語の運用能力を修得させる科目を開講します。
【熱帯水産学国際連携コース】学部レベルの水産学全般の知識や経験を英語で読み、聞き、表現できる能力を養う科目を開講します。
3-1.調査・研究プロセス修得の前提となる体験と知識が得られる科目を開講します。
【熱帯水産学国際連携コース】熱帯・亜熱帯の水産業に関する理解を持ち、国際社会での協働の体験を積ませる科目を開講します。
【留学生プログラム】専門領域に関連する論文を総合し、研究の手法やプロセスを理解させる科目を開講します。
3-2.実験・調査計画能力を策定する高い能力を修得する科目を開講します。
3-3.高度な調査・研究機器の利用法や調査手法を修得させる科目を開講します。
3-4.情報収集と資料整理・分析の能力を開発する科目を開講します。
4.論文作成の総合的能力を修得させる科目を開講します。
5.現場対応力・職業能力を強化する科目を開講します。[留学生対応プログラムを除く学生対象]
 

 医歯学総合研究科[修士課程・博士課程]

 鹿児島大学大学院医歯学総合研究科は、学位授与の方針に掲げる医学・歯学・医療における学識と専門的技能を修得した人材を育成するために、以下に示す方針に基づいて、科目の提供とヒトの疾病の予防と治療、環境の保全と社会の発展に寄与するきめ細かい研究指導を行う教育課程(カリキュラム)を編成のうえ、実施します。
 
(修士課程)
1.医学・歯学・医療における研究者・専門家になるために必要な基本的知識と技術のエッセンスを体系的・集中的に修得する必修科目および選択科目を提供します。
2.高度な専門性を発揮できる実践的な能力を修得する科目を提供します。
3.研究の遂行と発表により、専門分野における基礎的な研究能力と倫理的対応を修得する教育を展開します。
4.地域と国際社会における課題を研究テーマとして取り上げ、研究指導と討議および研究者との交流を通して、社会への関心を高め、問題解決の手法を学ぶ教育を展開します。
 
(博士課程)
1.医学・歯学・医療において、指導的研究者・高度専門医療人になるために必要な研究の基盤、先端的専門的知識、生命倫理・研究倫理、コミュニケーション能力、教育能力を修得できる専門科目と統合的・横断的科目を提供します。
2.基礎研究と臨床研究を統合し、高度先進技術を駆使した研究を計画・実施・発表することにより、医学・歯学における真理の探求・先駆的医療の開発をめざす高度な研究能力を育む教育を展開します。
3.研究を遂行するために必要な研究倫理および職業倫理を審査の経験や研究指導を通じて修得する教育を行います。
4.地域や国際社会が抱える課題を自ら発見し、研究テーマとして取り上げ、解決できる能力を育成します。
5.独立した研究者として学内外との共同研究を推進し、指導的役割を果たすためのリーダーシップや責任感を育む教育を行います。
6.僻地・離島医療専門医療人養成コース、ウイルス性難治疾患研究コース、高度歯科専門臨床医養成コース等の専門医等を養成するコースにおいては、それぞれのコースの特色に応じた科目を提供し、専門分野に関連する領域における臨床研修を行います。
 

 臨床心理学研究科[専門職学位課程]

 鹿児島大学大学院臨床心理学研究科は、学位授与の方針に鑑み、以下に示す方針に基づいて、高度な専門性が求められる職業を担うための深い学識及び卓越した能力を培う系統性のある教育課程(カリキュラム)を編成のうえ、実施します。
 
1.臨床心理分野の高度専門職業人として、専門的心理支援に必要な深い学識と卓越した能力を養成する体系化した教育を展開します。
2.学内及び学外での実務教育を行い、地域に根ざした臨床心理分野の高度専門職業人としての責任感と倫理観を養成する教育を展開します。
3.臨床心理分野において、指導的な役割を担うことができる実務家を養成する教育を展開します。
  

連合農学研究科[博士課程]
 鹿児島大学大学院連合農学研究科は、学位授与の方針に掲げる能力を備えた人材を育成するため、以下のとおり教育課程を編成のうえ、実施します。

 

1.学位プログラム教育:農学に関連する幅広い学問と高度な専門知識・技能を修得させ、研究指導を通して諸課題を検索・解決する能力を向上させる教育を行います。

2.高度人材養成教育:博士課程学生として確かな分析力・俯瞰力・説明能力を身につけさせるとともに、困難な課題に挑むチャレンジ精神やグローバルな視野の獲得など、実社会の発展に貢献できる能力を育てます。