進取の気風にあふれる総合大学

国立大学法人鹿児島大学

文字サイズ

学部・大学院・教育研究施設

トップページ>学部・大学院・教育研究施設>司法政策研究科〔概要紹介〕

司法政策研究科〔概要紹介〕

司法政策研究科のページへ

 

研究科概要

 「鹿児島大学法科大学院」の正式名称は,「鹿児島大学大学院司法政策研究科法曹実務専攻」といいます。鹿児島大学法科大学院は,これからの司法の在り方を構想,実現してゆく活動的な法曹を養成することと,地域社会における法の役割の拡大に対応することを目的としています。司法過疎と呼ばれる地域に位置する法科大学院として,法曹養成という教育活動に,南九州の法曹や隣接職の活動と市民生活・行政活動・企業活動とを有機的に結びつけ,地域の司法基盤の強化に貢献することをめざしています。
 本法科大学院が養成しようとする法曹は,これからの司法のあり方や法曹集団としての活動のあり方を検討・提案して実現することができる法曹です。それを起点として,新しい地域社会の構築に法的側面から積極的に取り組むことや,司法制度と市民生活・行政活動・経済活動を架橋することなど,自発的に社会に働きかける活動的な法曹となることが期待されています。
 これは,地域社会の実情はもちろん,そこで果たしている司法制度や隣接職を含む法律実務家の役割の実態を把握し,これからの司法のあり方や法曹集団としての活動のあり方を検討・提案して実現する法曹,言い換えると司法自体のあり方を構想・提案・実現する「司法政策」に取り組むことのできる法曹を生み出したいということです。

 

アドミッション・ポリシー

 鹿児島大学法科大学院は、これからの司法のあり方や法曹集団としての活動のあり方を検討・提案して実現することができる活動的な法曹の養成を目的としています。その目的に沿う人材として、法律実務家をめざす明確な問題意識・関心をもち、幅広い教養と柔軟な思考力に加え、的確な判断力、人間的な洞察力と冷静な分析力、社会現象に対して自ら問題に肉薄していく活動力を身につけている人を歓迎します。

 

入試情報

 平成27年度より学生募集停止

 

 

組織

課 程 専 攻
専門職学位課程 法曹実務専攻

 

 

 

取得可能な資格等

課 程 専 攻 取得可能な資格等
専門職学位課程

法曹実務専攻

新司法試験(受験資格)

 

 

シラバス

シラバスに関する詳しい情報はこちら(研究科HP 「概要」メニューから選択)