進取の気風にあふれる総合大学

国立大学法人 鹿児島大学

文字サイズ

トピックス

トップページ>トピックス>新しいサトイモの栽培方法を開発、収量が2倍に。 農学部の岩井純夫教授らの研究グループ。

新しいサトイモの栽培方法を開発、収量が2倍に。 農学部の岩井純夫教授らの研究グループ。

[14.01.15]

 農学部の岩井純夫教授(植物生理学、園芸学)らの研究グループは、サトイモを湛水(水田などに水を貯めること)条件下で栽培すると収量が2.5倍に増えることを明らかにしました。
 サトイモは、熱帯アジアを中心に熱帯から温帯にかけて広い範囲で栽培されていますが、一般的には畑地で栽培されています。岩井教授らは、畑地用品種を湛水状態で栽培することにより、水不足に起因する「芽つぶれ症」や「裂開症」などの異常、同じ作物を同じ畑で栽培し続けると作物の生育が阻害される「連作障害」を回避できるのではと考えました。
 そこで、日本の代表的な畑地用品種である「大吉」で湛水栽培を試みた結果、葉柄長が畑地栽培の1.4倍に増え成長が旺盛になり、収量は3年平均で2.5倍に増えました。芋の形状も差はなく芽つぶれ症や裂開症も認められなかったことから、畑地用品種でも湛水栽培は増収につながり、低コストで環境に優しい栽培法であることが明らかになりました。また、害虫の発生を抑えることによる低農薬栽培も可能となります。
 今後は湛水栽培に適した品種を検索し、実際の水田での栽培を行い、サトイモの増収法を確立し水田の有効利用につなげていく予定です。
 この研究成果は、「ポット栽培における湛水処理がサトイモ‘大吉’(Clocasia esculenta Schott cv. Daikichi’)の生育と収量に及ぼす影響」としてまとめられ、1月15日発刊の『園芸学研究(2014)13(1)』に掲載されました。

 

140115satoimo01.jpg
140115satoimo02.jpg
※ 画像はクリックすると拡大表示されます。