鹿児島大学男女共同参画事業

活動記録

TOPページ > 介護セミナー「認知症について学びましょう」を開催しました。

介護セミナー「認知症について学びましょう」を開催しました。

鹿児島大学男女共同参画推進センターは、鹿児島市市地域包括支援センター(愛称:長寿あんしん相談センター)と連携し、介護セミナーを開催し、教職員とその家族13人が参加しました。

 セミナーでは、長寿あんしん相談センター保健師の前田英子氏から、認知症のタイプ別特徴や認知症の人への対応の心得、認知症予防について説明がありました。参加者からは、「認知症が脳の病気であり、タイプにより特徴が違うことを理解することができた」「認知症の人への対応心得を知り今後に生かしたい。」「家族の症状を理解できた。」「自分自身が認知症になるかもしれないことや、いつ介護者になるかもわからないため、地域包括支援センター等の相談窓口を知ることで安心した。」などの感想があり、仕事と介護の両立に必要な知識や相談先を知る機会となりました。

 このセミナーは、厚生労働省の「認知症サポーターキャラバン」の一環として行われている認知症サポーター養成講座も兼ねて実施したことから、参加者は、自分の将来を見据えたり家族の介護時に生かすことだけでなく、認知症の人を支える地域人としてのあり方を考えたりする機会ともなりました。

 男女共同参画推進センターには、地域包括支援センターから提供いただいた、「厚生労働省:平成28年度 仕事と介護 両立のポイント-あなたが介護離職しないために-」の冊子があります。必要な方は、当センターまでご連絡ください。(学内者限定とします)

【参考】
 鹿児島市地域包括支援センター HPアドレス
  http://www.kg-shien.org/

 

IMG_2979.JPG