鹿児島大学男女共同参画事業

育児・介護支援

鹿児島大学保育支援制度のご案内

男女共同参画推進室では、鹿児島大学保育支援制度による学外の保育サービスを利用した際の利用費の一部補助を行っています。
ご利用には事前の利用申込が必要です。以下の内容をご確認の上、ぜひご活用ください。

利用対象者

本学に勤務する教職員(非常勤含む※)で、土日祝日での勤務等により、緊急かつやむを得ず学外の保育サービスを利用しなければならない方。
※非常勤職員の場合、本学の社会保険加入者に限ります。
 ◆祝日に出勤になったけど、通常利用の保育園は休園だから困ったな。
  祝日でも対応してくれる保育サービスを利用しよう。
◆子どもが熱を出しちゃった。今日はどうしても休めないな。病児保育所に子どもをお願いしよう。  

対象となる子の年齢

0歳~中学校就学前までの乳幼児・児童

補助の対象となる使用条件

  • ●ベビーシッターや一時保育利用など学外の保育事業者が提供する保育サービスを利用することが対象。

※通常利用している保育サービスに対する費用は対象とはなりません。

※(例1)子どもが熱を出し、通常利用している保育施設に預けられず、病児保育施設等を利用した場合。

※(例2)休日・祝日等に業務に従事する必要があるが、通常利用している保育施設が休日・祝日のため閉所しており、他の保育施設を利用した場合。

※(例3)急な会議や講義等の延長により、帰宅時間の遅延が余儀なくされ、通常利用している保育施設以外の保育施設で、延長保育等を利用した場合。

※(例4)国内の学会等に参加する際に、子どもを帯同する必要が生じ、現地で保育サービスを利用した場合(ただし、学会主催者が開設する無料の保育サービスは除く)。

支援額

  • ●1世帯1回の利用につき上限1,200円:同一1世帯1ヶ月4回まで利用可。
  • ●さらに、同一世帯年間36,000円を上限とします。
※ただし、予算の範囲内で行うため、予算額及び希望者数により年間の支援上限額を調整することがあります。
 

本制度利用対象事業者

利用できる保育施設に下記条件以外の制限はありません。
  • ●条件:個人で実施している保育サービスでないこと      

   (保育サービスを提供するのが、事業者であることが絶対条件です)。

本制度を希望される方は、下記実施要領ならびに利用案内をご参照の上、総務部人事課男女共同参画企画係まで申請してください。

hoikusien-furo-_0921.jpgのサムネイル画像

申込先・問い合わせ先

総務部人事課男女共同参画企画係
電子メール  gender@kuas.kagoshima-u.ac.jp (@を半角に変更してください)
電話 099-285-3012 (内線3012) ※電話の場合、8:30~17:00