鹿児島大学男女共同参画事業

女性研究者支援

1.概要
   一定の職務経験等を有する教員等(以下「メンター」という。)が、自らの経験を踏まえて、所属部局や専門の枠を超えて、
  自己のキャリアを形成していくための方法や、研究とライフイベント(結婚、妊娠、子育て、介護等)との両立などについて
  相談に応じるとともに、必要な助言等を行うことによって、研究者(附属病院の医員並びに研修医を含む)及び大学院生
  (以下「メンティ」という。)のキャリア形成・継続支援を図ることを目的とする。

2.支援者(メンター)
   メンターとなることを承諾した本学の教員及び附属病院の医員
   メンターは、男女共同参画推進センター(以下「センター」という。)からの推薦を受けて、男女共同参画推進室において
  承認した上で、男女共同参画推進室長が委嘱する。

   メンター相談対応一覧は こちら [学内専用]

3.相談申込者(メンティ)
  本学の研究者及び大学院生
    *研究者の範囲:教員、研究員、附属病院の医員、研修医 等

4.利用手続き
 (1)制度申込
    メンティーは、相談専用窓口に、件名「相談希望」のみ記載し申し込む。
    相談専用電子メール:gender@kuas.kagoshima-u.ac.jp (@を半角に変更してください)

 (2)受付・確認
    センターは、受付連絡をし、以下について確認する。
    ① 名前 ② 所属 ③ 職名・学年 ④ 専門分野・研究内容(簡潔に記入)
    ⑤ 相談したい内容
      キャリア(進学含む)形成、研究活動の進め方、外部資金(研究助成金)の獲得方法、学生教育、仕事と生活の両立、
      その他:具体的に記入
    ⑥ 希望するメンターナンバー(「メンター相談内容一覧」参照)
    ⑦ その他の要望(希望するメンターの性別や分野等)

 (3)メンター選定・紹介
    センターは、メンティの希望をもとに、選定した候補者についてメンティに承諾を得た上で紹介する。
    ただし、メンティが指名した場合を除く。

 (4)連絡調整
    メンターは、メンティに連絡し、相談の日時・場所等について協議し決定する。

 (5)相談
    相談は、個別訪問、電話、メール等適宜な手法により、定期的または随時行う。

 (6)相談実施確認
    センターは、メンター紹介後一ヶ月を目途に、相談の実施について確認をする。

 

menter_flow.jpg

ページの先頭へ