鹿児島大学男女共同参画事業

女性研究者支援

研究支援員制度について

研究支援員制度のご案内

出産・育児、介護期等にある女性研究者(配偶者が研究者である男性研究者を含む)の研究活動への影響を最小限にするとともに、キャリアの形成及び継続の支援を行う「研究支援員制度」を実施しております。本制度は、文部科学省科学技術人材育成費補助事業「女性研究者研究活動支援事業」の一環です。
研究支援員の資格は、本制度を利用する研究者が推薦する大学院生又は大学院課程修了者となっています。

また、本制度を通じて支援員となる大学院生等にとっては、支援を受ける研究者がロールモデルとなると同時にキャリア形成支援を図ることを目指しています。

詳細については、こちら からご覧ください。

女性研究者研究助成

鹿児島大学若手研究者及び女性研究者に対する研究助成金

鹿児島大学では、若手研究者及び女性研究者の研究を支援するシステムの構築と有為な若手研究者及び女性研究者に必要な研究資金を配分することを第2期中期企画に掲げ、各競争的研究資金の獲得や、共同・受託契約、特許申請等への基礎となることを期待して、学長裁量経費により研究支援を行っています。

その他女性研究者対象の研究助成金のご案内

独立行政法人日本学術振興会(JSPS)の科学研究費補助金「研究活動スタート支援」は、研究機関に採用されたばかりの研究者等や育児休業・介護休業等から復帰する研究者等が一人で行う研究に対する支援です。詳細は、JSPSのホームページをご覧ください。

 

独立行政法人日本学術振興会(JSPS)の「特別研究員―RPD」事業は、子育て支援や学術研究分野における男女共同参画の観点から、優れた若手研究者が、出産・育児による研究中断後に円滑に研究現場に復帰できるように支援するものです。詳細は、JSPSのホームページをご覧ください。

ページの先頭へ