進取の気風にあふれる総合大学

国立大学法人鹿児島大学

文字サイズ

教育・学生生活

トップページ>教育・学生生活>平成29年度FD・SD合同フォーラム「地域に貢献する高等教育機関」にどう貢献するか 開催のお知らせ

平成29年度FD・SD合同フォーラム「地域に貢献する高等教育機関」にどう貢献するか 開催のお知らせ

フォーラムは終了いたしました。
皆さまのご参加、まことにありがとうございました。

 
事業概要
 大学地域コンソーシアム鹿児島FD・SD活動事業部会は、毎年、鹿児島大学FD委員会と共催でFD・SD合同フォーラムを開催しております。
 大学地域コンソーシアム鹿児島とは、鹿児島県内の高等教育機関が相互に連携・協力し、高等教育の質的向上を推進することにより、地域の教育および学術研究の充実・発展を図るとともに、魅力ある高等教育づくりと活力ある地域づくりに貢献することを目的として設立されました。
 平成29年度FD・SD合同フォーラムのテーマは、"「地域に貢献する高等教育機関」にどう貢献するか" です。
 鹿児島大学並びに大学地域コンソーシアム鹿児島参加機関の教職員、その他テーマに関心のある教職員等の皆さまのお越しをお待ちしております。
 
H29FD・SD合同フォーラムポスター画像
PDFはこちら
 
開催概要
【日  時】
 平成29年10月 7日(土) 13:00~16:30
 
【場  所】
 鹿児島大学郡元キャンパス 法文学部1号館 201号教室
 鹿児島大学へのアクセスはこちら
 ※公共交通機関をご利用の上、お越しください。
 
【招聘講師】
 中西 弘充 氏(信州大学キャリア教育・サポートセンター講師)
 
【対  象】
 大学地域コンソーシアム鹿児島参加機関の教職員、テーマに関心のある高等教育機関関係者 等
 
【趣  旨】
 近年、高等教育機関による地域貢献が強く求められている。当然のことながら、そこでの地域貢献の核は、地域の維持・発展に貢献できる人材の育成である。「地(知)の拠点整備事業(COC事業)」から「地(知)の拠点大学による地方創生事業(COC+事業)」への発展的展開は、研究や社会貢献も含めた地方創生・地域活性化を地域人材の育成へとより焦点化したものであり、現在の高等教育政策の方向性が垣間見える。特に、地方に立地する高等教育機関の教職員は、「地域に貢献する高等教育機関」の実現に向けて、それぞれの立場から貢献することが求められている。
 そこで、本フォーラムでは、「地域に貢献する高等教育機関」としての存在感の確立というミッションの達成に向け、特に地域人材育成という観点から、教職員が取り組むべきFD・SDに関する基調講演と、それを踏まえたグループ・ディスカッションを企画する。地域人材の育成に向けて教職員はそれぞれの立場において何ができるか、どのように学生と関わればよいか、環境をどう整備し、どう活かせばよいか、参加者同士でともに考え、各機関の教育改善につなげていくことを目指したい。
 
【プログラム】
13:00 開会挨拶 清原 貞夫(鹿児島大学教育担当理事、鹿児島大学FD委員会委員長)
13:10 趣旨説明 出口 英樹(鹿児島大学高等教育研究開発センター准教授)
13:20 基調講演 中西 弘充(信州大学 キャリア教育・サポートセンター講師)
     <休憩>
14:40 グループ・ディスカッション「地域に貢献する高等教育機関」にどう貢献するか
16:20 閉会挨拶 大久保 幸夫(鹿児島国際大学副学長、産学官地域連携センター長)
 
総合司会:伊藤 奈賀子(大学地域コンソーシアム鹿児島FD・SD活動事業部会員、鹿児島大学高等教育研究開発センター副センター長)
 
申込み・問合せ
 フォーラムは終了いたしました。
 事務:鹿児島大学学生部教務課教育企画係
 
平成28年度FDSDフォーラム02
【平成28年度FD・SD合同フォーラム「自ら学ぶ学生を育てるための教職員の役割」の様子】


 
鹿児島大学のFD活動についてはこちらをご覧ください。