教育・学生生活

>トップページ >教育・学生生活 >平成30年度 全国のFD・SD関連フォーラム・セミナー

平成30年度 全国のFD・SD関連フォーラム・セミナー

FD委員や教職員の皆さんの参考としていただくため、平成30年度に全国で開催予定のFD、SD関連のフォーラムやセミナー等をご紹介します。
※未定の情報については、公表され次第、随時更新いたします。

(11月12日追記)



「アサーティブ・コミュニケーション」(早稲田大学アカデミックソリューション)

【日程】2018年11月15日(木)13時~17時
【場所】早稲田大学 早稲田キャンパス19号館(東京都新宿区)
【参加対象者】大学SD担当者(本セミナーに関連した研修の開催をご検討されている方)
【参加費】無料(上記対象以外の方は有料となります)
【概要】今回のテーマは「アサーティブ・コミュニケーション」です。チームコミュニケーション活性化の核となるためには、異なる相手とお互いの利益やニーズを満たしながら、創造的に問題を解決していく姿勢とスキルが必要です。本セミナーでは、多様化する現代社会の中で望まれるコミュニケーションの概念について理解を深めながら、グループワークやロールプレイといった体験的学習を通じて、相手と自分、双方を尊重しながら意見の相違を創造的に解決していくためのコミュニケーション力を強化していきます。
【参考】アサーティブ・コミュニケーション
 
 
 
【英語による授業のためのWS】(芝浦工業大学)

【日程】2018年11月17日(土)10:00~12:00 (当日午後に「デザイン能力を育成する授業設計入門WS」があります) 
【場所】芝浦工業大学 芝浦キャンパス (会場の詳細は参加決定者に対して追って通知します)
【対象】大学・高専等の機関において教育に関わる大学・高専等の教職員
【定員】先着30名程度(希望者多数の場合、理工学教育に携わる教職員の方を優先します)
【申込期限】11月3日(土)まで。なお、定員に達した場合、早めに申し込みサイトを閉じる場合があります。
【概要】授業を英語で行う科目の増加が求められています。その必要性や妥当性に対しては、異なる考え方はあると思います。しかし、留学生や海外に送り出す学生の数は年々増加しており、英語で開講される授業を増やすことは現実に対応するうえでも必要となっています。留学生対象授業あるいは留学生と日本人学生の混合授業、ふたを開けたら全員日本人学生、といった授業環境の違いもあるでしょう。また、英語で授業することに自信のない先生とその辺は心配ない先生と、教える側も様々かと思います。本プログラムでは、学生の文化背景による違い、授業内でのアクティブラーニング、授業内活動における学生とのやり取りについて紹介し、また、よりわかりやすい英語を話すヒントを含めて、ご自身の英語に自信を持っていただくことを目的とします。
【参考】英語による授業のためのWS
 
 
 
【デザイン能力を育成する授業設計入門WS】(芝浦工業大学)

【日程】2018年11月17日(土)13:00~16:00 (当日午後に「英語による授業のためのWS」があります) 
【場所】芝浦工業大学 芝浦キャンパス (会場の詳細は参加決定者に対して追って通知します)
【対象】大学・高専等の機関において教育に関わる大学・高専等の教職員
【定員】先着30名程度(希望者多数の場合、理工学教育に携わる教職員の方を優先します)
【申込期限】11月3日(土)まで。なお、定員に達した場合、早めに申し込みサイトを閉じる場合があります。
【概要】工学教育においてエンジニアリング・デザイン能力の重要性が広く認識されてきました。昨今注目されているデザイン思考、デザイン経営などにおいても求められているデザイン能力は技術者にとっても必要な素養といえます。このWSでは、技術者に求められるエンジニアリング・デザインとはどのようなものかなどの、デザイン能力に関わる基本的知識を学び、その本質をより深く理解します。そしてデザイン能力を育成するための授業例等のレビューやWSを通して、デザイン能力を育成する授業の特徴やポイントを理解することを目的とします。
【参考】デザイン能力を育成する授業設計入門WS
 
 
 
法政大学第15回FDシンポジウム(法政大学教育開発支援機構FD推進センター)

【日程】2018年11月17日(土) 13:00~16:15
【場所】法政大学市ヶ谷キャンパス外濠校舎5階S505教室
【申込期限】11月14日(水)まで 下記URL内、専用フォームよりお申込をお願いいたします。
【概要】このたび、法政大学教育開発支援機構FD推進センターでは、第15回FDシンポジウムを開催します。『全入時代の初年次教育』 をテーマに、講演とパネルディスカッションを行います。
【参考】法政大学第15回FDシンポジウム



「ライティング指導とルーブリックの活用術」(宇都宮大学公開FD)※New※

【日程】2018年11月20日(火)15:00~17:30(14:30開場)
【場所】宇都宮大学(峰キャンパス)UUプラザ2F コミュニティーフロア(栃木県宇都宮市峰町350)
    ※ 正門を入ってすぐ右手の建物2Fが会場です。
【参加対象者】高等教育機関の教職員,その他教育機関の教育関係者,ライティング指導に関心のある学生
【申込方法】参加をご希望の方は,お名前・ご所属・ご連絡先(電話番号,メールアドレス)を下記宛先までご連絡下さい。
      宇都宮大学 大学教育推進機構 基盤教育センター 石井和也
      E-mail:ishii●cc.utsunomiya-u.ac.jp(●を@に変えてください)
【申込期限】11月18日(日)
【概要】関西大学ライティングラボの担当教員を招聘し,関西大学で行われているアカデミック・ライティングの指導・支援と,文章作成課題の評価や学生へのフィードバックに便利なツール「ルーブリック」について学びます。その後,実際にルーブリック評価を体験するワークショップを実施します。アクティブラーニング型授業において学生が作成する文章や,レポート課題の評価において,「どんな助言をすれば効果的か」,「効率的なフィードバック方法は無いのか」という問題意識をお持ちの教員・職員の皆様のご参加をお待ちしております。
【参考】ライティング指導とルーブリックの活用術
 
 
 
山口大学AP事業FD・SDワークショップ『学生の学びを促す学修ポートフォリオとは~今、改めて学修成果の可視化について考える~』(山口大学大学教育機構大学教育センター)

【日程】2018年11月22日(木) 16:20~18:00
【場所】山口大学 吉田キャンパス共通教育棟1階・15番教室(アクティブ・ラーニング教室)
【参加対象者】学内外の教職員
【申込期限】11月20日(火)まで
【申込方法】件名「FD・SDワークショップ申込」とし、「①氏名、 ②所属・職名、③E-mail」を記入の上、下記問い合わせ先にメールにてお申込ください。
      山口大学 大学教育機構 大学教育センター(YU-AP推進室)E-mail: yuap@yamaguchi-u.ac.jp 
【概要】山口大学・大学教育再生加速プログラム(YU-AP)では、ディプロマ・ポリシー(DP)達成度の可視化や学修ポートフォリオをテーマとしたFD・SDワークショップを開催いたします。本ワークショップでは、学生の学びを促す学修ポートフォリオの活用方策に焦点を当て、実際の実践事例を紹介しながら、学修ポートフォリオの意義と価値を改めて考えてみたいと思います。
【参考】学生の学びを促す学修ポートフォリオとは~今、改めて学修成果の可視化について考える~
 
 
 
【授業設計・インストラクショナルデザイン】(首都大学東京FD委員会事務局)

【日程】2018年11月29日(木)14:40~17:40
【場所】首都大学東京 南大沢キャンパス 本部棟1階大会議室
【参加費・参加申込方法】
(1)セミナー(無料)
   事前の参加申込は必須ではございませんが、資料準備の都合上、学外の参加ご希望の方については、以下のメールアドレスまで、あらかじめお知らせいただければ幸いです。
(2)懇親会(4,000円)
   セミナー終了後、18:00から南大沢ルヴェソンヴェールにて懇親会を開催します。参加される本学教員や学外の方については、11/15(木)までに事務局あてメールでご連絡ください。懇親会費はセミナー当日の受付時に頂戴いたします。
【概要】今回のセミナーではインストラクショナルデザインを活用した授業設計について学ぶとともに、学内における授業設計の工夫や授業改善事例を共有し、各教員が個人の授業改善に取り組むきっかけに、また、各学部学科がそれぞれのカリキュラムの質保証について考えるきっかけに繋げることを目指します。
【参考】授業設計・インストラクショナルデザイン



大学コンソーシアム八王子SD勉強会(大学コンソーシアム八王子)

【日程】2018年11月29日(木)・30日(金) 両日 9:30~17:00まで
【場所】東京薬科大学 図書館棟4階 第1会議室(東京都八王子市堀之内1432-1)
【参加対象者】大学IR(主に教学部門)を担当する若手・中堅教職員
【募集人数】40名程度 ※応募多数の場合は、1大学2名までとさせていただき、大学コンソーシアム八王子加盟校を優先とさせていただきます。
【参加費】無料
【申込期限】11月2日(金)まで 
【概要】大学コンソーシアム八王子では、大学・短大・高専の連携による資源の共有化と相互補完、効率的な教育改革の推進のため、大学間連携によるFD・SD事業を企画運営しています。その一環として、毎年勉強会を企画しており、今年は「教学改革を実現するための、大学IR実践講座」をテーマとしてSD勉強会を開催します。
【参考】大学コンソーシアム八王子SD勉強会
 
 
 
多摩アカデミック・コンソーシアム加盟大学によるFDシンポジウム※New※

【日程】2018年12月1日(土)14:00〜17:30 12:50集合 13:00ツアー開始
【場所】国立音楽大学6号館1階大講義室 2Fエントランス
【概要】多摩アカデミック・コンソーシアム(TAC)加盟大学(国際基督教大学、国立音楽大学、津田塾大学,東京経済大学、東京外国語大学、武蔵野美術大学)によるFD シンポジウム「リベラルアーツ教育とその可能性―大学図書館の教育的機能をめぐって―」を開催します。
※事前申し込み不要です。皆様のご参加をお待ち申しております。
【参考】多摩アカデミック・コンソーシアム加盟大学によるFDシンポジウム 
 
 
 
〈情報配信〉
以下のセンターが、FDや大学教育改革に関連するセミナーやフォーラム等について、メール情報配信サービスを実施している。
各大学が行うフォーラムなども含めて最も情報が充実しているのは京都大学の「あさがお」。


●京都大学高等教育研究開発推進センター あさがお
http://kyoto-u.s-coop.net/asagao/


●広島大学高等教育研究開発センター
http://rihe.hiroshima-u.ac.jp/


●名古屋大学高等教育研究センター(同センターが実施するセミナー案内が中心)
http://www.cshe.nagoya-u.ac.jp/seminar/


●大学コンソーシアム京都(京都地区で行われるセミナー・フォーラム等の案内)
http://www.consortium.or.jp/

鹿児島大学のFD活動に戻る