イベント情報

>トップページ > イベント情報 > 鹿児島環境学研究会シンポジウム「シマのくらし(環境文化)を考える」のご案内

鹿児島環境学研究会シンポジウム「シマのくらし(環境文化)を考える」のご案内

  • 開催日

    2019年01月12日(土)
  • 時間

    13:30~17:00
  • 場所

    大和村防災センター(鹿児島県大島郡大和村大字思勝字永良477-1)
  • 対象

    一般
  • 参加方法

    申込不要、参加費無料
  • イベント概要

    鹿児島環境学研究会in奄美大島

    シンポジウム「シマのくらし(環境文化)を考える」のご案内

     

    鹿児島環境学研究会は、文化景観や集落景観の価値について、地域住民と専門家が共に認識を深めるためのシンポジウムを開催します。

    環境文化の継承・発展には、シマ(集落)の持続性が不可欠であることをテーマに、シマの内と外のつながりに注目します。世界自然遺産候補地に含まれる奄美大島での開催です。

    一般の方々(地域住民等)を対象としています。皆様のお越しをお待ちしております!

     

    【内容】龍郷町秋名・幾里地区、大和村国直集落、住用町市集落の環境文化に関する取組の現状などについて事例紹介を受けたのち、各集落在住のパネリストや会場から地域の取り組みについて率直な意見を伺います。

     

    パネリスト:

    窪田 圭喜(秋名アラセツ行事保存会会長)

    隈元 巳子(龍郷町秋名地区区長)

    村上 裕希(龍郷町地域おこし協力隊)

    山下 茂一(住用町市地区区長)

    村上 惠子(大和村国直地区区長)

    満田 英和(NPO法人すみようヤムラランド理事長)

    中村 修(NPO法人TAMASU代表 ) 他

     

    コーディネーター:

    鹿児島大学特任教授 星野 一昭、准教授 小栗 有子(鹿児島環境学研究会)

     

     

  • 問い合わせ先

    研究推進部研究協力課研究協力係:中村(鹿児島環境学担当)
  • 電話番号

    099-285-3229
  • メールアドレス

    kenkyo@kuas.kagoshima-u.ac.jp
  • 一般参加