イベント情報

>トップページ > イベント情報 > キリシタン考古学の最前線-遺跡・墓地・ミゲル墓所-

キリシタン考古学の最前線-遺跡・墓地・ミゲル墓所-

  • 開催日

    2019年07月27日(土)
  • 時間

    13:30~15:00
  • 場所

    鹿児島大学 総合教育研究棟102講義室(郡元キャンパス)
  • 対象

    一般参加可
  • イベント概要

    第26回研究交流会
    キリシタン考古学の最前線―遺跡・墓地・ミゲル墓所―

     

    鹿児島大学総合研究博物館では、研究交流会を開催いたします。今回のテーマは「キリシタン考古学の最前線-遺跡・墓地・ミゲル墓所-」。

    2018年、世界遺産に「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連」が登録されました。 近年、戦国時代のキリシタン遺跡で新たな調査・発見が続いています。
    本研究会では、千々石ミゲル墓の調査を担当するなど、その最先端研究を主導する一人である田中 祐介先生(別府大学文学部)をお招きし、講演を行います。

     

    【定員】なし【入場料】無料
    【講師】田中 祐介 先生(別府大学文学部)

     

    ■総合研究博物館では様々なイベントを実施しています。詳細はHPをご覧ください。 

  • イベントリンク先

  • 問い合わせ先

    鹿児島大学総合研究博物館
  • 電話番号

    099-285-8141
  • 一般参加