イベント情報

>トップページ > イベント情報 > 国際島嶼教育研究センター特別研究会&実社会共創セミナー 私の旅した世界の国境(ボーダー)

国際島嶼教育研究センター特別研究会&実社会共創セミナー 私の旅した世界の国境(ボーダー)

  • 開催日

    2021年05月30日(日)
  • 時間

    16:00~17:30
  • 場所

    国際島嶼教育研究センター会議室(総合教育研究棟5階)またはZoom
  • 対象

    学生・教職員・一般
  • イベント概要

    国際島嶼教育研究センター特別研究会&UBRJ実社会共創セミナーのご案内
    私の旅した世界の国境(ボーダー)
     
    講師:狩野 正一郎(ラ・サール学園教諭)
    1943年、佐賀に生まれるも東京育ち。早稲田大学教育学部地理歴史学科を卒業後、1968年からラ・サール学園社会科教諭(地理)として教鞭にたつ。授業の合間をぬって世界を旅し登山にいそしむ。その自由で行動的なライフスタイルは、生徒たちのなかで共感を呼び、抜群の人気を誇り、熱烈なファンを生む。訪問国は50カ国に及ぶが、特に印象に残っている経験は、死海で浮かび、74歳でキリマンジャロに登頂したことである。
    今回の報告では、世界の激動を同時代人として、その目で見て幅広く歩いてこられた経験と地理に関わる知見をもとに、時代を超えた様々な国境(ボーダー)について展開する。冷戦時代の東ヨーロッパ、とくにベルリン。フランコ時代のスペイン、1983年にサハリン沖でソ連軍に撃墜された大韓航空機撃墜事件の現場、そしてイスラエルとパレスチナの紛争地ヨルダン西岸にまつわるエピソードや体験などが題材となる。授業でも使った懐かしの手書きのレジュメなども披露したい。
     
    (文責:岩下明裕、北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター)
     
    〔事前申し込み〕
    有 
     
    〔申込方法〕
    【対面式】は先着15名様でshimaken@cpi.kagoshima-u.ac.jpまたは099-285-7394へ(担当:西)
    【オンラインZoomウェビナー】こちら ※ポスター参照
    定員:400名
    または join_us@slav.hokudai.ac.jp(担当:岩下)から申込む
     
    〔申し込み締切〕
    5/27(木)
     
    〔参加費〕
    【対面式】無料:参加するにあたりご自身の体調を十分にお考えのうえ、ご参加ください。ご参加いただく際はマスク着用等、感染防止にご協力ください。
    【オンライン】通信費は参加者負担
     
     
    主催:鹿児島大学国際島嶼教育研究センター
    共催:北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター 、境界研究ユニット(UBRJ)
    協力:北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター拠点(NoA-SRC)
     
  • イベントリンク先

  • 問い合わせ先

    国際島嶼教育研究センター
  • 電話番号

    099-285-7394
  • メールアドレス

    shimaken@cpi.kagoshima-u.ac.jp
  • 一般参加