進取の気風にあふれる総合大学

国立大学法人鹿児島大学

文字サイズ

学部・大学院・教育研究施設

トップページ>学部・大学院・教育研究施設>水産学研究科〔概要紹介〕

水産学研究科〔概要紹介〕

水産学研究科のページへ

 

研究科概要

 大学院水産学研究科は、鹿児島から東南アジア・南太平洋を含む海洋や水域をフィールドとし、水産資源の持続的生産とその合理的利用、水圏環境の保全、生活文化の創出の分野で地域貢献と国際社会に貢献する人材を育成することを教育の目的としています。また水産学部では平成15年に大学教育分野では初めて国際的な品質基準であるISO9001認証を取得しましたが、当研究科でもこのシステムに準拠して教育活動を行っています。
 鹿児島大学水産学研究科では平成27年度から熱帯水産学国際連携コースがスタートしました。当コースは鹿児島大学水産学研究科に加え、インドネシア国サムラトランギ大学水産・海洋科学研究科、マレーシア国マレーシア・トレンガヌ大学養殖・水産学研究科、フィリピン国フィリピン大学ビサヤス校水産・海洋科学研究科、タイ国カセサート大学水産学研究科が共同で構築・運営する大学院研究科です。コース学生は海外の参加大学研究科において講義や実習を受講したり、修士論文研究の指導を受けたりすることができます。
 

アドミッション・ポリシー

①求める人材像
 
(1) 水産学研究科の教育目標に共感し、その実現に向けて考える力と意欲を持つ人
(2) 水産資源の利用や水圏環境の現状と問題点を理解し,その課題の探求と解決に熱意を持って取り組む人
(3) 学ぶことに努力を惜しまず、グローバル化する国内外の社会で活躍できる知識と能力の修得に意欲のあ
   る人
(4) 向上心を持って自ら困難に立ち向かい、地球的視野を持って未来に貢献する意思ある人 熱帯水産学国際
   連携コースを志望する学生には、上記に加えて、東南アジア諸国の産業・文化に関する理解を深めると同
   時に、英語によるコミュニケーション能力を高めたい人を求めます。
   留学生プログラムでは、英語だけで日本の水産学を学び、高い研究能力を得たい外国人留学生を求めます。
 

 

②入学前に身につけておいて欲しいこと 
 
(1)水圏に関する科学、水産資源とその生産及び増養殖に関する科学、水産食品と先進的な水圏資源利用、
    水圏環境の保全・管理及びそれらに係る人間活動と経済・社会関係又はそれらに関係する諸科学のいず
    れかについて、大学で学ぶ程度の知識と調査・実験及び分析能力等を有していることが必要です。
(2)熱帯水産学国際連携コースを志望する学生には、英語による専門科目の受講、海外の大学との協働活動
    への参加、海外の大学での学びのために、上記に加えて、高い英語能力が必要です。
 

 

③入学者選抜の基本方針 
  水産学研究科では一専攻(水産学専攻)で入学者選抜を行います。入学後は、水圏科学分野、水産資源科学分野、水産食品科学分野、水産経済学分野、水圏環境保全学分野のうちいずれか一つの分野に分属します。

入試情報

入試情報に関する詳しい情報はこちら

 

組織

課 程 専 攻
修士課程 水産学専攻

 

入学状況【平成29年度】

課 程 専 攻 入学定員 志願者数 入学者数
修士課程 水産学専攻 32 48 34()
※(  )は女子で内数

 

取得可能な資格等

課 程 専 攻 資 格
修士課程 水産学専攻 三級海技士(航海)(受験資格)、高等学校教諭専修免許(水産) 

 

就職状況(就職支援センターのホームページへ)

就職状況に関する詳しい情報はこちら

 

附属施設等

熱帯水産学国際連携コース