重要なお知らせ

>トップページ >重要なお知らせ >新型コロナウイルス感染拡大に伴う「鹿児島大学修学支援事業基金」へのご協力について(お願い)

新型コロナウイルス感染拡大に伴う「鹿児島大学修学支援事業基金」へのご協力について(お願い)

 日頃より、鹿児島大学の教育研究活動に格別のご理解とご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。
 
 皆様もご存知のとおり、新型コロナウイルスの感染者が急増し、4 月16 日には「緊急事態宣言」の対象地域が全都道府県に拡大され、本学においても感染拡大防止に向け、授業については遠隔授業とし、また、県境を越えての帰省・旅行等の自粛を学生・教職員へ強く呼びかけるなど、様々な取組を行ってまいりました。
 
 5月14日には、本県の緊急事態宣言は解除されたものの、引き続き感染拡大防止に向けた諸活動の自粛は続いております。現在、学生は勉学や課外活動等が制限され、不安な日々を過ごしています。中にはアルバイトが出来なくなることで日々の生活に支障をきたしている学生も少なくないとの報告を受けています。
 
 このような状況の中、本学では、新型コロナウイルス感染拡大の影響により大幅にアルバイト収入が減少した学生、又は家計が急変した世帯の学生など生活要支援の状態にある学生に対し、緊急支援措置として返済を要しない「鹿児島大学学生緊急支援金」を給付することとしています。
 
 この支援金の原資は、主として、本学卒業生の稲盛和夫氏(京セラ名誉会長)のご寄附により設置した「鹿児島大学稲盛和夫基金」を充てますが、今後は、鹿大「進取の精神」支援基金の枠組みの一つである「鹿児島大学修学支援事業基金」も活用し、本学としてできる限りの支援を行いたいと考えております。
 
 既に学内教職員へ修学支援事業基金への協力を呼びかけておりますが、少しでも多くの学生を支援するため、同窓生や元教職員、その他の皆様にもご支援いただければ幸甚に存じます。
 
 出費多端な折に大変恐縮でございますが、何卒この趣旨にご賛同いただき、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。
 
令和2年5月15日      
国立大学法人鹿児島大学長   
佐 野  輝
 
 
 
■ご寄附のお申し込み
鹿大「進取の精神」支援基金Webサイトの下記ページよりお申し込みいただけます。
 
↓ご寄附のお申し込み手続きはこちら
>寄附する   
 
 
■税制上の優遇措置
本学のご寄附に対しては、税制上の優遇措置(寄附金控除)が適用されます。特に本基金へのご寄附は、通常の「所得控除」に加え、小口寄附の減税額が大きくなる「税額控除」の方式も選択することができます。
 
↓詳しくはこちら
>税制上の優遇措置
 
■お問い合わせ先
鹿児島大学 総務部総務課基金・渉外係
TEL 099-285-3101
FAX 099-285-7034
E-mail s-kikin@kuas.kagoshima-u.ac.jp