進取の気風にあふれる総合大学

国立大学法人鹿児島大学

文字サイズ

インフォメーション

トップページ > インフォメーション > 宗教改革500年 マルティン・ルター「ポスター展」

宗教改革500年 マルティン・ルター「ポスター展」

[17.11.29]

#HereIstand 我ここに立つ- マルティン・ルター、宗教改革とそれがもたらしたもの   

 今から500年前の1517年10月31日、マルティン・ルターがウィッテンベルクの城内教会の扉に
「95箇条の論題」を提示したと伝えられています。この「論題の提示」は宗教改革の始まりで、
その後に続く広範な宗教的、文化的、政治的な結果を見れば、ルターの宗教改革は宗教上だけで
なく、世界史にその名を刻む文化史的大事件と言えるでしょう。
 マルティン・ルターの宗教改革とその成果に関する事実を30枚のパネルでご紹介します。
 多くの方のご来場をお待ちしています。
 
 
【展示期間】
2017年12月1日(金)~12月26日(火)
 
【展示会場】
附属図書館(中央図書館)1階ギャラリーアトリウム
 
※開館日、開館時間は附属図書館に準じます(こちら
 
 
 
(お問い合わせ先)
法文学部 中島 大輔
電話:099-285-8895
herelstand.png