インフォメーション

>トップページ >インフォメーション >映画上映ワークショップ「映画をとおしてみるシンガポール社会2〜『To Singapore, with Love』〜」のご案内

映画上映ワークショップ「映画をとおしてみるシンガポール社会2〜『To Singapore, with Love』〜」のご案内

[18.11.30]

181206_workshop_singaporewithlove_poster.jpg

 法文学部人文学科多元地域文化コース中路武士研究室では、映画上映ワークショップ「映画をとおしてみるシンガポール社会2」を開催します。今回は、陈彬彬(タン・ピンピン)監督によるドキュメンタリー映画『To Singapore, with Love』(2013年)を上映し、シンガポール映画研究者の盛田茂さんにお話を伺います。

 

 『To Singapore, with Love』は、監督自らが聞き手になり、シンガポール国家による予防拘束と無期限拘留を規定する「国内治安法(ISA)」から逃れ、現在もタイ、マレーシア、イギリスに居住する政治亡命者の日常生活と母国への思いを描いた作品です。2014年9月、「治安当局の正当な行動を歪めて描き、安全保障と国益を弱体化させる作品」として、NAR(Not Allowed for All Ratings)に指定され、現在もシンガポール国内上映・配給禁止措置が継続中となっています。南九州では初公開となります。

 

 この映画をとおして、シンガポールの社会や言語、そして政治について考えます。本学の学生や教職員だけでなく、地域の一般市民のみなさんの参加をお待ちしています。入場無料・予約不要です。詳細は、ポスター画像をクリックしてください。

 

【日時】2018年12月6日(木)16:10〜18:00(開場16:05)

【場所】鹿児島大学法文学部3号館103教室(キャンパスマップはこちら

【講師】盛田茂(駒澤大学非常勤講師)

【司会・進行】中路武士(鹿児島大学准教授)

入場無料・予約不要(どなたでもご参加できます)

市電広告では開催中止となっておりますが、予定通り開催実施いたします。

 

【主催】

科学研究費補助金「地域映像とヴァナキュラー文化」(研究課題番号:17K17963)

 

【お問い合わせ】

法文学部人文学科多元地域文化コース 中路武士研究室

TEL:090-7842-1438

E-mail:nakaji[at]leh.kagoshima-u.ac.jp

※メール送信の際は[at]を@に変更してください。

 

【前回のイベントの様子】

公開研究会「映画をとおしてみるシンガポール社会1」(2016年9月9日開催)