学生インタビュー

トップページ >学生インタビュー >伊地知 悠紀 

  • 臨床心理学研究科 臨床心理学専攻
  • 伊地知 悠紀 さん (甲南高校)
  • 支援の専門家として地域に貢献

 臨床心理学研究科は、専門職大学院であるため、講義やゼミの時間に学んだことを活かす実践の場が多く用意されています。この2年間、知識と実践の両方をバランスよく学び、経験できたことで、視野が広がり、現場での支援に役立つ技術や視点を身に着けることができたと感じています。
 心理学の分野には、教育・福祉・医療・司法矯正という大きくわけて4つの領域があります。臨床心理学研究科では、それぞれの領域で多くの経験を積み、実績を残されている先生方から丁寧で手厚い指導を受けることで、臨床心理士として必要な視点を多用な角度から学び、考えられることが最大の魅力だと思います。臨床心理士を目指している方にとっては、非常に実践的に学ぶことのできる環境だと思います。
 卒業後は、臨床心理士と公認心理士の資格をとり、支援の専門家として地域に貢献していくことができたらと考えています。特に、発達に困難さを抱えた子ども達などの支援に携わる福祉の分野に関心があるため、子どもと、子どもを支える周囲の大人を含めた環境へのアプローチを柔軟に実践していける臨床心理士になれるよう、今後も努力していこうと思います。