学生インタビュー

トップページ >学生インタビュー >中林 真梨萌 

  • 理学部 地球環境科学科
  • 中林 真梨萌 さん (加古川東高校)
  • 鹿児島の豊かな自然を身近に感じ学習・研究に取り組む

 鹿児島大学の魅力は何といっても豊かな自然環境に囲まれているところです。すぐ目の前には桜島、また活発に活動中の霧島連山、そのほかにも手つかずの自然が残る離島など豊かな自然が鹿児島にはあります。鹿児島大学ではフィールドワークやボランティア、サークルなどの活動が活発で、これらを通して鹿児島の自然を身近に感じながら、学習や研究に取り組むことができます。

 私は、鹿児島県内にある岩体の成因を調査しています。特に土砂災害の防災に貢献する研究に取り組んでいきたいと思っています。2018年に起きた西日本豪雨では、土砂崩れにより大きな被害が生じました。私はこのような土砂災害を起こしうるリスクについて研究し、より安全に自然と人が共存していける社会に貢献したいと考えています。

 鹿児島大学の理学部は先輩や先生とも距離が近く、研究のほかにも様々なことを相談したり、議論したりすることができます。自分の挑戦したいことに全力で取り組める環境が整っていますので、ぜひ、鹿児島大学でしかできないことに挑戦してみてください。たくさんの刺激があなたを待っています!