キャリア形成支援

>トップページ >キャリア形成支援 >令和2年7月1日以降のインターンシップ参加について

令和2年7月1日以降のインターンシップ参加について

令和2年6月25日

 学生の皆様へ

                                         鹿児島大学キャリア形成支援センター長

 

 

令和2年7月1日以降のインターンシップ参加について(新型コロナウイルス感染症への対応)

 

本年5月14日と25日に緊急事態宣言や特定警戒地域の緊急事態措置が解除され、県境をまたぐ移動についても政府発表において6月19日に解除されるなど、インターンシップに向けた環境は整いつつあります。他方で、局地的に新たな感染も続いており、依然として感染拡大の懸念は消えておりません。

以上のことから、インターンシップへの参加(エントリーや事前準備を含む)について新たなガイドラインを定め、新型コロナウイルス感染症拡大の新たな局面と考えられる以下の2つのケースを除き、参加を認めることとしました。

 a.鹿児島県またはインターンシップ受入先のいずれかが緊急事態宣言の対象地域ないしは特定警戒地域などの感染地域として公的に指定された場合

 b.鹿児島県内またはインターンシップ受入先のいずれかで、感染経路が不明な感染者の多発やクラスター現象の発生といった感染拡大状況が確認できる場合

 

だたし、7月1日以降にインターンシップに参加する学生は、参加前の事前準備の段階から参加後まで「新しい生活様式(5月4日付厚生労働省)」を徹底し、下記の点に留意していただくようお願いします。

 

 

①マスクは常時着用し、手洗いの徹底、咳エチケット、感染予防対策をとること。

②インターンシップ先では、不要不急の外出を控え、最小限の行動範囲に留めること。

③活動中は、行動記録(いつ、どこで、どのような状況で、誰と会ったかなど)をつけておくこと。

④健康状態は参加前から確認し、インターンシップ期間中及び帰着後は、特に健康観察に留意すること。

⑤帰着後、風邪症状、発熱、味覚・嗅覚異常が一つでもある場合は、登校せずに自宅待機(経過観察)し、所属の教務(学生)係又は大学院もしくは学生生活課(留学生の場合は国際事業課)に電話連絡すること。

 

以上

 

また、困ったことや不安、悩みがあればキャリア形成支援センター・インターシップ窓口に気軽に相談してください。来学が難しい場合は、メールや電話でも対応しています。

※その他の事項は、最新の「新型コロナウイルス感染症に関する本学の対応」を参考にしてください。

 

なお、4月27日付「鹿児島大学 新型コロナウイルス発生下のインターンシップガイドライン」は6月30日付で廃止いたします。