トップページ>センター概要

センター概要

センター長挨拶

 

 鹿児島大学では、島嶼を抱える鹿児島を中心とする南九州地域の産業振興、医療・福祉の充実、環境の保全、教育・文化の向上など、地域社会の発展と活性化に貢献することを目指して、2018年 4月に「南九州・南西諸島域共創機構」を設置しました。また、同機構の下には、これまでの産学官連携推進センターとかごしまCOCセンターが有してきた機能と学外との連携強化を図るため、「産学・地域共創センター」を併せて設置しました。
 産学・地域共創センターでは、研究シーズと地域ニーズとのマッチング、自治体等との協働による地域課題の解決とその成果を活かした地域人材育成及び地域再生、事業化が見込まれる研究プロジェクトの支援、知的財産の創出、保護、管理及び活用、地域ニーズに即した生涯学習機会の提供等の活動を行ってまいります。更に2018年度から国立大学法人機能強化経費で措置された「南九州・南西諸島域の地域課題に応える研究成果の展開とそれを活用した社会実装による地方創生推進事業」を推進します。
 南九州・南西諸島域共創機構の建物には、同機構を構成する地震火山地域防災センターに加え、 URAセンターが置かれ、学外組織である(株)鹿児島TLOと(公財)かごしま産業支援センター・産学官連携課が入居しています。また、鹿児島県をはじめとする自治体や金融機関、企業団体等の皆様との連携協働体制も強化されつつあります。今後より一層、緊密な連携の下、産学・地域共創センターが司令塔となって鹿児島県内における地域活性化を推進していきますので、更なるご支援とご協力をよろしくお願いします。                  
 産学・地域共創センター長 前田 広人

 

運営組織体制

02soshiki.jpg

 

部門案内

 

*連携推進部門

連携推進部門は、大学の研究成果等の情報発信、地域産業界等からの技術相談対応のほか、一元的に収集・集約した地域課題と本学の研究シーズとのマッチングを通じた研究成果の社会還元を推進するとともに、外部資金等の獲得支援、自治体及び金融機関との連携プロジェクトの企画・立案を行っています。また、事業化が見込まれるシーズに係る研究活動及び大学発ベンチャー事業や、県内の中小企業との研究開発機会の拡大と研究成果の可視化(試作・プロトタイピング)による事業化支援を行っています。加えて技術経営(MOT)教育や文部科学省「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」の推進母体としての活動を展開しています。

 

*知的財産・リスクマネジメント部門

 知的財産・リスクマネジメント部門は、教育研究活動の中で生まれた知的財産を一元的に取り扱い、維持・管理を行うとともに、本学の研究成果を広く社会に還元するための戦略的な知的財産活動を推進しています。産学官連携に伴い生じるリスクのマネジメントに努めています。    

>>詳細はこちら 

 

*生涯学習部門

 鹿児島大学生涯学習憲章を定めた本学は、人口減少型社会を見据えた生涯学習の質的転換に挑んでおり、生涯学習部門では、青年期教育と成人教育、教養教育と職業教育などを接続させた高等教育機関としての生涯学習推進体制、並びに、地域の生涯学習の再構築に学校、行政、民間等とも協働して取り組んでいます。 

>>詳細はこちら

 

◎文部科学省「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」

 

 ・「火山と島嶼を有する鹿児島の地域再生プログラム」(2014年度~2018年度)

 

 ・「食と観光で世界を魅了する『かごしま』の地元定着促進プログラム」(2015年度~2019年度)

 

◎文部科学省 国立大学法人機能強化促進費

・「南九州・南西諸島域の地域課題に応える研究成果の展開とそれを活用した社会実装による地方創生推進事業」

 本事業は、島嶼を抱える鹿児島を中心とする南九州地域の産業振興、医療・福祉の充実、環境の保全、教育・文化の向上など、地域社会の発展と活性化に貢献することを目指し、南九州・南西諸島域の各種政策・地域課題及び学内研究成果等の情報の一元化及びインターフェイス組織の整備による社会との共有化等の推進並びに既存の鹿児島県・県内自治体・鹿児島銀行等地元金融機関と構築した連携体制の更なる強化を図るものです。以下主な取組について紹介します。

 

・社会共創イニシアティブ ~地域課題の収集・集約の強化~

 「6分野(食品加工、観光産業・国際、エネルギー、農林畜産、水産業、地域防災・医療)の学部横断的な教員グループ等による「社会共創イニシアティブ」を設置し、地域課題の包括的な収集・集約と大学の知的資源の効果的提供を図るための中長期的な研究テーマ化を目指すとともに、「オープン実証ラボ」の推進を担います。

 

・「オープン実証ラボ」~中小企業の研究・開発力強化~

 県内の中小企業との研究開発機会の拡大と研究成果の可視化(試作・プロトタイピング)による事業化支援の充実を図るため、地域一帯となった研究成果の試作機会を確保する「オープン実証ラボ」を主に大学(南九州・南西諸島域共創機構棟及び学内部局施設)や公設研究機関(民間企業への拡張、離島の未利用施設も想定)に設置し、関係教員、地域の公設研究機関や中小企業が集い、当初は企画検討、外部資金等を獲得した上で試作や技術評価を行います。

 

・「社会実装チーム」~本学の研究成果の展開及び社会実装~

南九州・南西諸島域を中心とした本学の研究成果を展開・社会実装するための活動として、共同研究等の推進や技術移転活動の支援並びに行政との連携、公的資金の活用やビジネスプラン構築の支援等を行います。

 

◎産学連携・知的財産関係データ

 

  ・共同研究/受託研究(PDF)

   ⇒受入件数及び金額の推移(過去5年程度)と部局別

  ・特許管理状況(PDF)

 

 

◎ポリシー・関係規則等

 

 ・国立大学法人鹿児島大学産学官連携ポリシー (PDF)

 ・国立大学法人鹿児島大学産学官連携に係る利益相反マネジメントポリシー (PDF)

 ・国立大学法人鹿児島大学産学官連携に係る利益相反マネジメント規則

 ・国立大学法人鹿児島大学産学官連携に係る利益相反マネジメント委員会規則

 ・国立大学法人鹿児島大学知的財産ポリシー (PDF)

 ・国立大学法人鹿児島大学知的財産規則

 ・国立大学法人鹿児島大学における職務発明等に対する補償金及び報奨金細則

 ・国立大学法人鹿児島大学特許等管理細則

 ・国立大学法人鹿児島大学ノウハウ、プログラム等及び研究マテリアル等管理細則

 ・国立大学法人鹿児島大学商標管理細則

 ・利益相反マネジメントガイドライン (PDF)

 ・営業秘密管理ガイドライン (PDF)

 ・品種登録管理細則

 ・安全保障輸出管理ガイドライン (PDF)

 ・国立大学法人鹿児島大学発ベンチャー支援及び認定に関する規則

 

◎交通アクセス

 

 交通アクセス

 

Banner List

  • fn1.png
  • fn2.png
  • fn3.png
  • fn4.png
  • fn5.png

Information

<総合案内>
 
■鹿児島大学産学・地域共創センター 連携推進部門/知的財産・リスクマネジメント部門
住所:〒890-0065
   鹿児島市郡元1-21-40
TEL:099-285-8491 
FAX:099-285-8495
 
■鹿児島大学産学・地域共創センター 生涯学習部門
住所:〒890-0065
   鹿児島市郡元 1-21-30
 TEL:099-285-7294
 FAX:099-285-7265
 E-mail:contact(*)life.kagoshima-u.ac.jp
 (メール送信時は、(*)を@に変えてください)
 事務室対応時間:月〜金 10時〜16時