進取の気風にあふれる総合大学

国立大学法人鹿児島大学

文字サイズ

ピックアップ

トップページ>ピックアップ>平成30年4月に新たに共同獣医学研究科が設置されます

平成30年4月に新たに共同獣医学研究科が設置されます

[17.09.28]

大学院共同獣医学研究科獣医学専攻(博士課程)の設置について(平成30年4月)
 
kyoudoukaiken1.jpgのサムネイル画像
 
 鹿児島大学では、本年3月に、山口大学との共同教育課程として、鹿児島大学大学院共同獣医学研究科獣医学専攻(博士課程)の設置計画書を提出しておりましたが、大学設置・学校法人審議会の審議を経て、8月25日付けで、設置することが認められました。
 
 今後、学生募集活動の開始など、開設に向けた諸準備を進めてまいります。
 
 なお、入学試験に関する詳細は、学生募集要項をご覧ください。
 

 平成30年4月入学 鹿児島大学大学院共同獣医学研究科博士課程

※ 出願の際は必ず募集要項を郵送にて請求し(あるいは、農・共同獣医
学部学生係において配布)、添付されている願書等により出願してください。
→ 請求先はこちら
 
 
【大学院共同獣医学研究科】
 
・4年制博士課程
 
・2コース編成(獣医科学コース、獣医専修コース)
 
・入学定員 6名
 
 
【教育の特色】
 
  本研究科は、社会のニーズに対応した次の2つの教育コースを設けます。
  なお、2つの教育コースとも修了要件を満たした場合、博士(獣医学)の学位が授与されます。
  • 獣医科学コース
基礎獣医学、応用獣医学、臨床獣医学を配し、先進的な研究を通じて学位論文を作成し、我が国における次世代の欧米水準の獣医学教育を担う高度な研究者養成コースです。
  • 獣医専修コース
学位論文を作成するとともに、実験動物の健康と福祉に寄与する実験動物医学専門医、病理学的診断により疾病制御を担う病理学専門家等の高度獣医学専門家、あるいは先端・高度な動物医療を担う指導者としての獣医療人を養成するコースです。 
 
 〇 獣医専修コースの修了者は、博士(獣医学)の学位とともに、次の受験資格が取得可能となります。
  • 実験動物医学専門医の受験資格(獣医師のみ)
  • 日本獣医病理学専門家協会会員の受験資格
  • 日本小動物外科専門医受験のためのレジデントプログラム
    (3年から6年)の受講資格
  本研究科では、専門医等資格取得のために教育的サポートを行います。→ サポート内容はこちら
 
【設置の趣旨】
  • 世界先端的な獣医学研究の推進と生命・研究への高い倫理観を備えた先導的獣医学教育・研究者の養成。
  • 地域・国際社会の獣医学的課題解決に求められる高度な知識・技能・実務経験を備えた獣医学専門家及び獣医療人の養成。
【養成する人材像】
  • 動物生命科学研究を実践し、諸課題を解決するための探究心と独創性を備えた獣医学研究者及び高度獣医学専門家。
  • 応用獣医科学分野における先端的知識と技能を備えた獣医学研究者及び高度獣医学専門家。
  • 高度動物医療の先端的知識と技術を備えた臨床獣医学研究者及び指導医的人材となる獣医療人。
 
改組の概要はこちらをご覧ください。