法文学部 人文学科

准教授

多田 蔵人

日本近代文学における「引用」の研究

「引用」の研究

川端康成『童謡』。軍人と芸者の卵が軍歌を歌う。この後に歌うのは、何と「雨雨ふれふれ」。

 永井荷風の江戸文化受容の研究から出発して、日本文学にあらわれた「引用」の意味を、明らかにする研究を続けています。
 小説や詩の言葉は、全くのゼロから書かれることはありません。作者たちは、読書体験や社会的背景、恋愛などの個人的体験、などなどに由来する言葉たちから、それぞれに自分の言葉を選びとって作品を作っているわけです。したがって、一つの作品の背後には、無数の「選ばれたかもしれない言葉」が存在しています。特定の言葉が選ばれ、用いられていった過程を研究することで、作品に「選ばれた言葉」の特徴とともに、作品の背後にある文化にも、眼をむけることができます。
 この、「言葉の選びかた」が端的にあらわれるのは、作品のなかの「引用」です。日本文学の場合、物語や詩に用いられた他の作品の言葉は、しばしば作品の中心的なメッセージにかかわる重要な要素になっています。これらの引用を一つ一つ掘り起こすことで、作品がどんな文化をよりどころにしていたのか、どんな文化に対抗し、新しさを狙っていたのかが、見えてきます。
 これまでの研究成果は、『永井荷風』(2017,東京大学出版会)にまとめました。現在は、荷風と他の作家が行った引用の役割を解明することで、複数の文化がはげしく葛藤しあっていた近代日本の言葉の歴史を、書き直してみたいと思っています。

「和本」から雑誌まで、東北から奄美まで

奄美大島研修の調査風景。戦争の記憶を、島尾敏雄の「書き直し」に探る。

 主担当の授業は近代文学ですが、「引用」を研究するとなると、研究対象は近代の文学書にはとどまりません。江戸時代のいわゆる「和本」から、戦後に発行された単行本や雑誌、パンフレット類まで、幅広い書物を集めながら研究を進めています。本を集める過程で出会った面白い資料や思いがけない人のつながりについても、「日本古書通信」などの雑誌に寄稿しています。
 作品の背後にある「選ばれたかもしれない言葉」をさがすための大切な作業が、文学者たちの手紙や原稿などの直筆資料を調べることです。日本文学の自筆資料は、全国の実にさまざまな箇所に散在していますが、数年来、北は宮城県亘理町の3.11被災資料、南は奄美大島の作家・島尾敏雄資料まで、各地域で貴重資料群の分析を続けてきました。法文学部の「新人文教育プログラム」では、奄美大島や大隅半島、また長崎・熊本などの機関に所蔵された資料の調査旅行を、毎年学生とともに行っています。
 たとえば佐賀県の祐徳稲荷神社には、『万法精理』という明治時代の法律書があります。フランスの思想家であるモンテスキューが書いた本を、長崎の通訳出身である何礼之という人が、木戸孝允に委託され、世界視察の際にアメリカで買った英訳書から重訳した本です。翻訳にあたって何礼之が読んだ本、選んだ漢語、選ばなかった漢語――そこには、明治の日本をとりまく世界と、日本の伝統的な言葉との、葛藤のさまがありありと見えています。

Profile

法文学部 人文学科

准教授

多田 蔵人

1983年生。山形県出身。神奈川県私立公文国際学園中・高等部、東京大学文学部、東京大学大学院人文社会系研究科修了。博士(文学)。2015年より現職。著書『永井荷風』(2017、東京大学出版会)、編著『荷風追想』(2020、岩波文庫)、論文「岩倉使節団における文化比較と翻訳―モンテスキュー著・何礼之訳『万法精理』 」(2020、勉誠出版『明治の教養 変貌する〈和〉〈漢〉〈洋〉』)、「小林秀雄『実朝』論」(2019・12「アジア遊学」)など。

学生(受験生)へのメッセージ

 学問としての日本文学研究の素晴らしいところは、才能のある人はもちろん、私のような平凡な人物も、どんな人でも、一つ一つの手続きを正確に踏んでいくことで、確実に新しい世界を切りひらくことができる点だと思います。もちろん、小説や詩を読むのが好きな人にとっては天国です。良かったら、ぜひ、授業を取ってみてください。

他の研究者

農学部附属焼酎・発酵学教育研究センター

准教授

吉﨑 由美子

共通教育センター外国語教育部門

講師

二村 淳子

共通教育センター初年次教育・教養教育部門

准教授

今井 裕

高等教育研究開発センター

助教

森 裕生

農学部 食料生命科学科

准教授

池永 誠

鹿児島大学病院 心臓血管内科

講師

窪田 佳代子

医学部 医学科脳神経内科・老年病学

助教

﨑山 佑介

医学部 発生発達成育学講座小児科学

准教授

岡本 康裕

医学部 医学科

教授

桑木 共之

教育学部 技術科

准教授

浅野 陽樹

教育学部 学校教育教員養成課程(心理学)

准教授

島 義弘

工学部 先進工学科(情報・生体工学プログラム)

助教

岡村 純也

工学部 先進工学科(化学生命工学プログラム)

助教

新地 浩之

工学系 建築学専攻

准教授

鷹野 敦

教育学部 教育学科

准教授

髙谷 哲也

医学部 医学科

講師

柏谷 英樹

工学部 先進工学科(電気電子工学プログラム)

准教授

渡邉 俊夫

工学部 先進工学科(化学工学プログラム)

教授

武井 孝行

工学部 先進工学科(機械工学プログラム)

教授

片野田 洋

法文学部 人文学科心理学コース

准教授

榊原 良太

法文学部 法経社会学科

准教授

酒井 佑輔

歯学部 歯科生体材料学

講師

河野 博史

歯学部 小児歯科学

准教授

岩﨑 智憲

歯学部 歯科矯正学

教授

宮脇 正一

鹿児島大学病院 発達系歯科センター 口腔保健科

助教

藤島 慶

共同獣医学部附属動物病院

助教

岩永 朋子

共同獣医学部 獣医学科

教授

田仲 哲也

共同獣医学部 獣医学科

教授

帆保 誠二

水産学部 水産学科

准教授

田角 聡志

水産学部 食品生命科学分野

准教授

内匠 正太

理学部 理学科(化学プログラム)

准教授

児玉谷 仁

理学部 理学科(数理情報科学プログラム)

准教授

松本 詔

法文学部 法経社会学科

准教授

上原 大祐

理学部 物理科学科

准教授

永山 貴宏

農学部 農業生産科学科

教授

後藤 貴文

工学部 環境化学プロセス工学科

教授

二井 晋

理学部 物理科学科

教授

小山 佳一

共同獣医学部 共同獣医学科

教授

三浦 直樹

国際島嶼教育研究センター

教授

高宮 広土

医学部 腫瘍学講座分子腫瘍学分野

准教授

河原 康一

国際島嶼教育研究センター

准教授

山本 宗立

グローバルセンター

講師

市島 佑起子

共通教育センター

准教授

藤田 志歩

共通教育センター

准教授

鄭 芝淑

臨床心理学研究科

教授

稲谷 ふみ枝

歯学部 口腔顎顔面補綴学分野

教授

西村 正宏

医学部 保健学科 理学療法学専攻

教授

牧迫 飛雄馬

役員

研究・国際担当理事

馬場 昌範

水産学部 水産学科

教授

小松 正治

水産学部 水産学科

助教

遠藤 光

農学部 農林環境科学科

准教授

鵜川 信

農学部 食料生命科学科

講師

加治屋 勝子

農学部 農業生産科学科

教授

坂上 潤一

工学部 化学生命工学科

教授

門川 淳一

工学部 電気電子工学科

准教授

奥田 哲治

工学部 機械工学科

教授

松﨑 健一郎

理学部 生命化学科

教授

内海 俊樹

教育学部 保健体育教育

講師

與儀 幸朝

教育学部 数学教育

准教授

和田 信哉

法文学部 法経社会学科

准教授

農中 至

教育学部 家政教育

准教授

黒光 貴峰

高等教育研究開発センター

准教授

伊藤 奈賀子

教育学部 美術教育

教授

桶田 洋明

法文学部 人文学科 心理学コース 

准教授

山﨑 真理子

トップページに戻る