進取の気風にあふれる総合大学

国立大学法人鹿児島大学

文字サイズ

トピックス

トップページ>トピックス>馬場昌範教授が国際抗ウイルス学会賞「エリオン賞」を受賞

馬場昌範教授が国際抗ウイルス学会賞「エリオン賞」を受賞

[13.05.20]

 大学院医歯学総合研究科附属難治ウイルス病態制御研究センターの馬場昌範教授が、国際抗ウイルス学会(ISAR: International Society for Antiviral Research 本部:米国ワシントンDC)から贈られる学会賞である「エリオン賞」を受賞しました。
 エリオン賞は、毎年、抗ウイルス化学療法の分野できわめて優れた功績のあった者1名に授与されるもので、1985年に本格的な抗ウイルス薬を世界で始めて発見したことによりノーベル医学生理学賞を受賞したG.エリオン氏にちなんでその名前がつけられています。2000年から設けられたエリオン賞の過去の受賞者13人は全て欧米人で、東洋人の受賞は馬場教授が初めてです。
 エイズウイルスとCCR5という細胞表面の蛋白質との結合を阻害することで免疫細胞への感染を防ぐCCR5拮抗薬や新規抗エイズ薬のフェスティナビルを発見し、米国で臨床試験が進んでいること、生分解性のポリγグルタミン酸ナノ粒子を用いたワクチンの研究が順調に進んでいることなど、ウイルス病に対する治療法の研究で世界的に卓越した業績をあげていることなどが評価されたものです。
 5月11日からサンフランシスコで開催された第26回国際抗ウイルス会議において授賞式と受賞記念招待講演が行われました。
 馬場教授は、「小さな研究室でもこつこつと研究を進めれば国際的な水準の研究ができることが認められてうれしい」とコメントしました。

 

 

(写真上:受賞記念講演を行う馬場教授)

(写真下:馬場教授のエリオン賞受賞を紹介するスライド)

 

130512elion01.jpg
130512elion02.jpg
 ※画像はクリックすると拡大表示されます。