進取の気風にあふれる総合大学

国立大学法人鹿児島大学

文字サイズ

トピックス

トップページ>トピックス>理工学研究科大学院生がIEVC2014でBest Paper Awardを受賞

理工学研究科大学院生がIEVC2014でBest Paper Awardを受賞

[14.10.27]

 理工学研究科情報生体システム工学専攻博士前期課程1年の華山達也さんが画像電子学会の国際ワークショップにおいて、Best Paper Awardを授賞しました。
 授賞対象は、平成26年10月7日から10日にタイのサムイ島で開催されました、The Fourth IIEEJ International Workshop on Image Electronics and Visual Computing(IEVC2014)において発表されました以下の研究となります。


【発表タイトル】EASY PROJECTOR AND MONOCHROME CAMERA CALIBRATION
METHOD USING PLANE BOARD WITH MULTIPLE ENCODED MARKERS

【著者名】華山達也、清田祥太、佐川立昌、古川亮、川崎洋

 華山さんらは、カメラとプロジェクタを用いた3次元形状取得の際に必要なキャリブレーション手法について、ARマーカーを用いることで高性能、かつ実用性を高めることに成功し、これが評価されてBest Paper Awardを授賞しました。(査読付発表の募集に対して採択された99件中の3件)
 

141007-1010IEVC2014.JPG
※画像はクリックすると拡大表示されます