進取の気風にあふれる総合大学

国立大学法人鹿児島大学

文字サイズ

トピックス

トップページ>トピックス>MBCテレビ「かごしま4」で教職大学院の学生さんを紹介しました

MBCテレビ「かごしま4」で教職大学院の学生さんを紹介しました

[17.10.24]

171024kago4.jpg

 鹿児島大学では、MBCテレビ「かごしま4」の「さっつんキャンパスレポート」のコーナーで、毎月1回「鹿児島大学」の学生さん達の取り組みや、一般の方が参加できる講座やイベントを紹介しています。

 10月24日(火)は、教職大学院教育学研究科1年生 大戸優也さん、山口小百合さん、そして鹿児島大学のマスコットキャラクターの「さっつん」が出演しました。

 放送では、二人が教職大学院に進学した動機や大学での授業や研究などについて、紹介しました。

 大戸さんは、「大学の講義で、学校経営や校内研修など教育現場で直面している現状や課題を話し合い,より良い改善策を見いだす活動等を行っています。」などの話がありました。山口さんは、「離島へき地の課題を始めとする学校現場の抱える教育課題を解決するために、学校組織マネジメントなどの理論を学んだり、附属学校や離島での実習を行ったりしています。」などの話がありました。

 最後に教職大学院を希望している方に向けて、大戸さんは、「教職大学院では、現場の先生方と協働的な学びの場面が数多くあるため、様々な刺激を受けることができます。 学部時代では疑問にすらならなかったことに対して、“なぜなのか”、“どのようなことなのだろう”と考えられるようになり、自分の中の教育に対する視点が大きく広がっていくのも魅力の一つだと思います。」とコメントがあり、山口さんは、「大学院のよさは、独りで学ぶのではなく、よき師、よき友と共に学ぶことができますので、濃密で貴重な時間となることでしょう。」とコメントがありました。

 来月は、11月28日(火)に工学部の学生さんを紹介します。