トピックス

>トップページ >トピックス >食品安全専門人材育成プログラムを開設

食品安全専門人材育成プログラムを開設

 鹿児島大学は、1月26日農林水産省において、日本マクドナルド株式会社の協力により、日本で初めて産官学連携による「食品安全専門人材育成プログラム」を開設することを発表しました。

 本プログラムは、農林水産省が来年度より予定している産官学連携による食品安全専門人材育成の推進における第一弾の取組として、農林水産省からも協力を受けます。

 講師は、鹿児島大学の教員と国際的な品質管理システムを構築している日本マクドナルド、農林水産省、鹿児島県、食品安全マネジメント協会ほか、国際基準に詳しい日本国を代表する担当者が務めます。

 鹿児島大学は、地域の人材育成について中心的な役割を果たしていく使命があり、中でも食品産業は重要な産業であり、今後海外を含めた発展、展開を支援していく必要があります。一方で、食品安全リスク や管理手法等に関する情報は、地域間で格差があり、大学として、産業界や行政関係の最先端の情報を入手し、人材育成に反映させていく必要があります。

 このような背景から、鹿児島大学は、社会人及び大学院生向けに食品安全専門人材育成プログラムを開設し、今後の鹿児島県、九州地域ひいては日本全国の食品関連業界に貢献する人材育成の一翼を担う存在として、高い意欲を持って取り組みます。

 

(写真:記者会見での記念撮影(右が前田学長))

180126syokuhin.jpg