トピックス

>トップページ >トピックス >MBCテレビ「かごしま4」で高隈演習林で活動している学生さんが出演

MBCテレビ「かごしま4」で高隈演習林で活動している学生さんが出演

 鹿児島大学では、MBCテレビ「かごしま4」の「さっつんキャンパスレポート」のコーナーで、毎月1回、本学学生の取り組みや一般の方が参加できる講座やイベントを紹介しています。
 
 2月27日(火)は、農学研究科学術特定研究員大石圭太さん、農学部生物環境学科森林科学コース4年生の緒方公美さん、そして、鹿児島大学マスコットキャラクターの「さっつん」が出演しました。
 放送では、二人が研究活動を行っている高隈演習林について、大隅半島の北部、桜島の東、標高100m~885mに位置し、面積は3,000ha以上あること、高隈演習林の歴史は100年以上と長く、樹齢100年以上のスギやヒノキも育てていることなどの紹介がありました。
 
 研究内容の紹介で、大石さんは、森林に住むアカネズミとヒメネズミの研究に携わっており、いろいろな研究の調査地として高隈演習林を利用しているので、私たちの森林保護学研究室は高隈演習林の一番の「常連客」となっていること、2009年からは、樹齢40年のスギの人工林でも野ネズミの捕獲調査を行い、森林施業が野ネズミや森林に及ぼす影響について、プラスの影響・マイナスの影響の両面から研究を行っていることの紹介がありました。
 
 緒方さんは、高隈演習林で小学生や大学生向けのキャンプや自然体験など「環境教育」の活動を行い、「小学校高学年向けのキャンプの企画や運営」、「大学生がキャンプを体験する授業に関すること」、「小学生の総合学習の中で森の探検や林業体験に関すること」などの活動紹介がありました。
 
 最後に鹿児島大学を志望している方に向けて、大石さんは、「鹿児島大学は、充実した施設を利用した充実したカリキュラムが組まれています。先生や友達と一緒に考え、学ぶことのできる学校だと思いますので、ぜひ来てください」とコメントがあり、緒方さんは、「鹿児島大学は総合大学で多くの学生や先生がいて、無限の可能性に満ちています。自然や歴史の豊かな鹿児島県は薩摩半島、大隅半島、離島をはじめとして県内各地に魅力的な学びの場があります。それらの学びの場でフルに学ぶことができる鹿児島大学へぜひ来てください」とコメントがありました。
 
 来月は、3月27日(火)に学生さんを紹介します。
 
180227kago4.jpg