進取の気風にあふれる総合大学

国立大学法人鹿児島大学

文字サイズ

トピックス

トップページ>トピックス>MBCテレビ「かごしま4」で奄美大島の研究活動をしている学生さんを紹介しました

MBCテレビ「かごしま4」で奄美大島の研究活動をしている学生さんを紹介しました

[18.03.27]

180327kago4.jpg
 鹿児島大学では、MBCテレビ「かごしま4」の「さっつんキャンパスレポート」のコーナーで、毎月1回「鹿児島大学」の学生さん達の取り組みや、一般の方が参加できる講座やイベントを紹介しています。
 3月27日(火)は、理学部地球環境科学科 吉良 友祐さん、人文社会科学研究科 地域政策科学専攻 宋 多情さん、そして鹿児島大学のマスコットキャラクターの「さっつん」が出演しました。
 放送では、二人が研究活動を行っている鹿児島大学の国際島嶼教育研究センター奄美分室について、文化・社会・生物の多様な地域として、多様性の解明と保全のため、平成27年4月1日に設置されたこと、鹿児島大学や大学生活を紹介するコーナーやインターネット中継で授業や研究を行っていることなどの紹介がありました。
 研究内容の紹介で、吉良さんは、多様性生物学を専門とし、湯湾岳の山頂付近に調査区を作り、そこで見られた樹木を記録するなどの研究を行っていることの紹介がありました。
 宋さんは、文化人類学を専門とし、奄美群島を主なフィールドに、エコツーリズムと世界自然遺産における人と自然環境のかかわりに関する研究に取り組んでいることの紹介がありました。
 最後に鹿児島大学を志望している方に向けて、吉良さんは、「鹿児島大学は、自分の知りたいことをとことん追求することができる場所です。そのような方々をサポートする環境も整っていると思います。それから、就職活動などのサポートも充実しています。」とコメントがあり、宋さんは、「鹿児島大学では、県内の様々な島嶼地域で実習を行ったり、海外への留学プログラムや研修なども充実していますので、鹿児島大学へぜひ来て下さい。」とコメントがありました。
 
 来月は、4月24日(火)に学生さんを紹介します。