トピックス

>トップページ >トピックス >MBCテレビ「かごしま4」で工学部の学生さんが出演

MBCテレビ「かごしま4」で工学部の学生さんが出演

180724kago4.jpg

 鹿児島大学では、MBCテレビ「かごしま4」の「さっつんキャンパスレポート」のコーナーで、毎月1回「鹿児島大学」の学生さん達の取り組みや、一般の方が参加できる講座やイベントを紹介しています。
 7月24日(火)は、理工学研究科化学生命・化学工学専攻1年生 円城寺佑貴さん、工学部 化学生命工学科4年生 松林由眞さんそして鹿児島大学のマスコットキャラクターの「さっつん」が出演しました。
 放送では、2人が工学部に入学した動機や大学での授業や研究などについて紹介しました。
 円城寺さんは、「研究室では、がんや感染症など様々な病気に関与する糖鎖という分子に着目した研究を行っている。」ことや「大学では、フットサルサークルに所属し部長をしていた。」ことの話があり、松林さんは、「子宮頸がん細胞表層糖鎖に結合する一本鎖抗体scFvの探索というテーマで研究に取り組んでいる。」ことや「大学では、石笑会という茶道部に所属している。」ことの話をしてくれました。
最後に工学部を目指す高校生に向けて、円城寺さんから「鹿児島大学工学部は、化学、建築、海洋土木など多くの学科があり、様々な分野について学ぶことができます。鹿児島大学でしか行えないような特色ある研究が多く行われていますので、是非、来てください。」とコメントがあり、松林さんからは、「鹿児島大学工学部は様々な設備があり、研究を行う環境が整っています。また、学科ごとに専門的な知識を学ぶことができます。工学部で様々な経験をし、専門知識を学んでみませんか?」とコメントがありました。
 
 来月は、8月28日(火)に歯学部の学生さんを紹介します。