トピックス

>トップページ >トピックス >MBCテレビ「かごしま4」で医学部保健学科の学生さんを紹介

MBCテレビ「かごしま4」で医学部保健学科の学生さんを紹介

 鹿児島大学では、MBCテレビ「かごしま4」の「さっつんキャンパスレポート」のコーナーで、毎月1回「鹿児島大学」の学生さん達の取り組みや、一般の方が参加できる講座やイベントを紹介しています。

 9月25日(火)は、医学部保健学科4年生和辻雄仁さん、安藤小百合さん、そして鹿児島大学のマスコットキャラクターの「さっつん」が出演しました。

 放送では、2人が医学部保健学科に入学した動機や大学での授業や研究などについて紹介しました。

 和辻さんは、「実習で阿久根市内の川畑中地区に関わり、ころばん体操や、家庭訪問、健康教育などを体験したこと。」の話があり、安藤さんは、「大崎町で実習し、住民の方を対象に健康教育を行ったことや地域の人々が健康になるために、どうすればよいのか?という気持ちを持って、積極的に取り組んだこと。」の話をしてくれました。

 最後に医学部保健学科を目指す高校生に向けて、和辻さんから「特に地域での保健師や看護師に興味がある方は、保健師同窓会のホームページで、どんな活動をしているのか、見ていただきたいです。皆さんとともに看護学の未来を担っていけることを楽しみにしています。」とコメントがあり、安藤さんからは、「鹿児島大学では、島嶼看護について学ぶ講義や離島実習で学べることが魅力です。看護・理学・作業の学生が一緒に学ぶ、チーム医療論という職種を越えた連携を想定した講義や実習といった他ではなかなか学べないものがあり面白いです。」とコメントがありました。

 来月は、10月23日(火)に理学部の学生さんを紹介します。

180925kago4.jpg