トップページ>学内工事と調査手続き

学内工事と調査手続き

 

学内の発掘調査は、校舎建設工事の場合にのみ行うわけではありません。

以下のような場合にも、埋蔵文化財調査センターにご連絡ください。

  • 電気やガスなどの配管工事
  • 樹木の植樹や移植
  • 道路などの改修
  • 看板などの設置工事

 

など、掘削を伴うものは面積が小さく浅くいものでもすべてご連絡ください。

 掘削工事によって遺跡はなんらかの影響を受けます。その影響の度合いによって調査の種類が決まります。調査の種類については鹿児島県教育委員会が決定します。どのような小規模な掘削工事でも、土木工事の届出(文化財保護法93条による)を工事60日前までに鹿児島県教育委員会に提出しなければなりません。工事の予定がある場合は、下記の工事届けの様式に記入の上、埋蔵文化財調査センターにお知らせください。

 立会調査についての注意点

 

  1. 立会調査は掘削工事に調査員が立ち会って調査を行うものです。立会調査は鹿児島市教育委員会の埋蔵文化財担当職員が実施します。したがって、立会調査が必要とされた場合は鹿児島市教育委員会との事前の日程等の調整が必要です。
  2. もし工事途中で埋蔵文化財に深刻な影響を与えると判断された場合には、工事を中断し、工事変更の検討もしくは本格的な調査に移行しなければなりません。掘削の深さが浅いところでも、重要な埋蔵文化財が包蔵されている場合があります。 学内の掘削工事を企画される場合は、事前に埋蔵文化財調査センターに届け出るよう、ご協力をお願いいたします。

  工事届ダウンロード

 

    [記入用WORDファイル]  [記入例PDFファイル]

  [記入用PDFファイル]

 

Banner List

  • blogbana.png
  • nakatakeblog.jpg

Information

鹿児島大学埋蔵文化財調査センター

〒890-8580 鹿児島市郡元1-21-24
TEL:099-285-7270
FAX:099-285-7271

 

(学内の掘削工事を企画される場合は、事前にご相談ください。)