トップページ>研究支援員制度・教員業務短期支援員制度

研究支援員制度・教員業務短期支援員制度

【1】研究支援員制度について


 男女共同参画推進センターでは、研究者の研究活動支援の一環として、妊娠、育児、介護・看病等期(ライフイベント期)の研究者に対し、研究支援員を配置することにより、研究活動を補助し、研究者のキャリア継続・形成を支援することを目的としています。
 平成23年度から平成25年度にかけては、文部科学省科学技術人材育成費補助事業「女性研究者研究活動支援事業」の一環として実施してきましたが、平成26年度からは大学の自主財源により継続して実施しています。


<令和4年度募集概要>


<募集期間等>

令和4年度前期 令和4年度後期
募集期間 3/14(月)~4/15(金) 7/19(火)~8/19(金)

研究員配置

可能期間

5/1 以降*~9/30(金)

10/3(月)~3/31(金)

*前期の研究員配置期間の開始は予算配分後となるため、予定よりも遅れることがあります。(前年度は6月開始)決定次第、申請者へお知らせします。


<応募資格>

  • ライフイベント(妊娠、育児、介護・看病等)による事由により、十分な研究時間を確保できない研究者(教員、研究員)


<研究支援員>

  • 学部学生(1年~6年)
  • 大学院生
  • 大学院課程修了者等(常勤の職に就いていない者)
    ※男女共同参画推進室長が大学院生と同等の能力があると認めた学部卒業者(常勤の職についていない者)は研究支援員になることができます。

<申請様式等>

 応募に際しては以下の募集通知をご参照の上、期限までに様式1-1~1-3を男女共同参画推進センター(総務部人事課男女共同参画企画係)までご提出ください。

  ※必ず今期の様式をダウンロードのうえご利用ください。

※なお、雇用手続きや勤務状況確認等の手続きについては、研究支援員配置が決定した後に、個別にご連絡いたします。

<実施要項>

【2】教員業務短期支援員制度について


 本制度は、上記研究員支援制度の対象者のうち、やむを得ない事情により申請できなかった者が対象です。
 ア)研究支援員制度の募集期間外に、妊娠、育児、介護・看病等の事由が発生した者
 イ)研究支援員制度の募集期間中に、本学に在籍していなかった者
 ウ)研究支援員制度の募集期間中に、育児休業、介護休業又は病気休職中だった者
 エ)その他、上記に準ずる者として男女共同参画推進室長が認める者


<募集期間> 上記研究支援員の各期募集期間終了後


<研究支援員>

  • 学部学生(1年~6年)
  • 大学院生

<応募方法等>

 直接、下記問合せ先へご連絡ください。

  ※予算に限りがありますので、利用者は若干名となります。

<実施要項>

--------------------

本件問合せ先
男女共同参画推進センター(総務部人事課男女共同参画企画係)
電話 099-285-3012(内線3012)
--------------------

Banner List

  • WiSH PLUS_SDGs.png
  • 九州・沖縄アイランド女性研究者支援ネットワーク
  • 1.kenkyusienin_banner.png
  • 4.hoikuen_banner.png
  • 3.hoiku_kaigo_banner.png
  • 2.meter_banner.png
  • 鹿児島大学病院女性医師等支援センター

Information

お問い合わせ先
鹿児島大学男女共同参画推進センター“muse篤姫”
事務:総務部人事課男女共同参画企画係
電話:099-285-3012
Email:gender@kuas.kagoshima-u.ac.jp
(@を半角に変更してください)
 

“muse篤姫”とは
“muse篤姫”は、鹿児島大学男女共同参画推進センターの愛称です。
muse(むぜ)は、ギリシャ神話の女神「ムーサ」の英語名であるとともに、鹿児島弁で“むぜか”“むじょか”(かわいい)をもじった表現です。

kurumin_mark_small.png