お知らせ

>トップページ >お知らせ >【人文社会科学研究科】地域政策科学専攻シンポジウム

【人文社会科学研究科】地域政策科学専攻シンポジウム

[22.01.13]

 人文社会学研究科 地域政策科学専攻では、その教育目標として「地域の抱える社会的、文化的問題を自ら発見し、解決する能力を備え、既存の学問の枠組みを超えた広い視野からこれらの問題に取り組み解決する能力を有する人材の養成」を掲げています。今年度はこの教育目標の実現に結びつく研究を専攻内で公募し、独自のプロジェクトを組んでそれを実践してきました。

 この報告会では、文化人類学者の今福 龍太氏に基調講演をお願いし、3件のプロジェクト研究報告と1件の院生による研究発表を行います。新型コロナウイルス 感染が終息しない状況において、市民の皆様と共に地域文化や地域社会の価値を再認識することが、疫病や災害に対抗できる地域力を創造するための、そして、 危機を乗り越え、未来へアクセスするための一歩となればと願っております。

 

危機の超克と未来へのアクセス
―令和3年度 鹿児島大学大学院 地域政策科学専攻 研究実績報告会

 

イベント詳細


【開催日時・場所】

(1)日程:令和4年3月5日(土)13時~17時
(2)場所:法文201号教室(鹿児島市郡元1-21-30鹿児島大学法文学部)
   アクセス ※車での来場はご遠慮ください。
(3)開催形式:ハイブリッド形式

 

①ウェビナーで参加者する方はこちらのURLかQRコードから事前登録を行ってください。登録後、ウェビナー参加に関する確認メールが届きます。
②対面形式での参加者を先着順で40名受け付けますので、希望される方は電子メールに所定の事項を記入し、2022年2月28日までに以下のメール・アドレスに 送付ください。こちらから来場許可のメールを返送しますので、それをプリントアウトして会場入り口で提示ください。万が一、新型コロナ感染の状況が急速に悪化した場合は、ウェビナー参加に切り替えていただくよう通知をさせていただきます。
 (1)送り先メール・アドレス:lehdoc@leh.kagoshima-u.ac.jp (地域政策科学専攻教務補佐)
 (2)記入事項:件名欄に「対面形式での参加を希望します」と記入ください。
        メール本文にお名前を記入ください。

【プログラム】
総合司会 石田 智子(法文学部准教授)
①基調講演(13時~14時)
 今福 龍太(文化人類学者・奄美自由大学主宰)
 「水の憲法 ──〈群島響和社会〉の思想と新しい地域主義」

②研究報告(研究活性化プロジェクト)(14時~15時)
 梁川 英俊(法文学部教授)・アンニ(博士後期課程地域政策科学専攻2年生)
 「奄美群島における島唄教室の現状とその伝承方法に関する調査」

 丹羽謙治(法文学部教授)・平井一臣(法文学部教授)
 「旧制第七高等学校造士館初代校長岩崎行親とその流れを汲む修養団体敬天舎の 資料的研究」

 西村 知(法文学部教授)・萩野 誠(法文学部教授)
 「沖永良部島における外国人労働者による多文化共生社会の研究」

③ディスカッション(15時~16時)

④院生の研究発表(16時~16時30分)
 景 徳(博士後期課程地域政策科学専攻3年生)
 「曾槃『本草綱目纂疏』考:安田静『本艸會識』と比較して」

⑤今福先生からの講評(16時30分~17時) 

 

tiikiseisaku01.jpg