トップページ>教職員の皆様へ

教職員の皆様へ

教職員の皆様へお願い

 入学生の中に障がいを有している学生がおり、就学後に障害学生支援センターからの支援を必要とする場合は可能な限り、早く障害学生支援センターまで情報を提供下さるとスムーズな支援体制を構築することができます。(特に入試時に配慮事項のあった学生については、入学した後も継続した修学支援が、必要であると考えられます。)

配慮及び支援を希望している学生がおりましたら、ご連絡お願いします。

また、対象学生に関しては、修学支援会議等、学部との連携した支援体制が必要ですので、ご協力をお願いいたします。

「教職員のための学生理解と修学支援ガイドブック2016」guide book2016.pdf

教職員に配布しております。新任の教員や事務職員の方が配属された際には、ご連絡下さい。
教職員研修等でご利用下さい。

 

 

①本学の現状

保健管理センターが主体として、長年、障害学生支援を実施しており、現在も支援を行っている現状があります。保健管理センターで精神的・心理的な不調に対し、何らかの支援を受ける学生数は年々増えており、継続的な支援が必要なケースも多く存在します。

平成26年4月1日に障害学生支援センターが設置されました。今後は、保健管理センターはもとより、関係部局の皆様と連携を取りながら、障害を持つ学生支援の充実を図っていきたい考えております。

大学全入時代の到来や平成28年の障害者差別解消法の施行を踏まえ、教職員の皆様の更なる、ご理解とご協力が必要です。普段、学生や院生と接する教職員の皆様だからこそ、気づけることがあると考えます。配慮や支援のご協力をお願いいたします。

②学生への対応について

学生の様子.jpg