トピックス:教育・学生

>トップページ >トピックス:教育・学生 >理工学研究科の大学院生3名がノースダコタ州立大学-鹿児島大学合同シンポジウムで優秀ポスター賞を受賞しました

理工学研究科の大学院生3名がノースダコタ州立大学-鹿児島大学合同シンポジウムで優秀ポスター賞を受賞しました

[19.10.29]

 10月3日〜5日にノースダコタ州立大学(ファーゴ、米国)にて開催された「5th NDSU-KU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers」のポスターセッションにおいて、理工学研究科 化学生命・化学工学専攻博士前期課程1年の大城 章瑚さんと幸 勝治さん、生命化学専攻博士前期課程1年の赤坂 舞子さんが「Award Poster Presentation(優秀ポスター賞)」を受賞しました。
 
 ポスターセッションでは44件の発表が行われ、3人は英語による約3分間のショートスピーチおよび約1時間のポスター発表において、研究内容、ポスターの魅力、研究内容の説明の明快さに加え、複数の審査員の質疑に対する適切な回答が高い評価を受けて「Award Poster Presentation」8件のうちの3件に選ばれました。
 
 
191029_poster_pic01.jpg
(左端から)大城さん、赤坂さん、幸さん
 
 
発表内容は以下の通りです。
 
大城 章瑚さん(金子研究グループ)
著者名:Shogo Oshiro, Yoshiro Kaneko
発表タイトル:Preparation of a POSS-linking polymer containing catechol component and evaluation of adhesive properties
【関連ページ】金子研究グループHP
 
 
幸 勝治さん(隅田研究室)
著者名:Masaharu Yuki, Hiroyuki Shinchi, Masahiro Wakao, Yasuo Suda
発表タイトル:Development of toll-like receptor 7 ligand and sugar chain immobilized fluorescent nanoparticles
【関連ページ】隅田研究室HP
 
 
赤坂 舞子さん(新留研究室)
著者名:Maiko Akasaka, Yasuro Niidome
発表タイトル:Investigation of inhomogeneous distribution of gold nanoparticles on gelatin slices
【関連ページ】新留研究室HP