トピックス

>トップページ >トピックス >鹿児島大学樟寿会が『鹿大「進取の精神」支援基金』へ寄附

鹿児島大学樟寿会が『鹿大「進取の精神」支援基金』へ寄附

 12月8日、鹿児島大学の名誉教授を会員とする鹿児島大学樟寿会の吉田浩己会長と竹田靖史幹事長、坂東義雄総務幹事、松村和雄会計幹事が学長室を訪れ、鹿児島大学の教育研究の発展のために役立ててほしいと、吉田会長から『鹿大「進取の精神」支援基金』への寄附金(20万円)を前田芳實学長に贈呈されました。
 
 この寄附金は、11月18日開催の樟寿会総会において、樟寿会として鹿児島大学の教育研究の発展に寄与するため全会一致で了承されたもので、平成27年に続いて2回目のご寄附となります。
 
 吉田会長から寄附金を手渡された前田学長は、「樟寿会の会員の皆様に心より感謝いたします。学生のグローバル教育の推進や地域に貢献する人材の育成など教育研究支援の充実に大切に使わせていただきます。」と謝辞を述べました。
 
  
(写真上:寄附金を受け取る前田学長(右)と吉田会長)
(写真下:贈呈された寄附金を手にする前田学長(前列右)と吉田会長(前列左)、
  後列左より髙松研究担当理事、松村幹事、竹田幹事長、坂東幹事、島総務担当理事)
 
 

KUKH9795r.jpg

KUKH9804r.jpg