トピックス

>トップページ >トピックス >九州地区大学IR機構・実務担当者連絡会及びIR勉強会を開催

九州地区大学IR機構・実務担当者連絡会及びIR勉強会を開催

 鹿児島大学で、「平成29年度第2回九州地区大学IR機構・実務担当者連絡会」及びIR勉強会が2月14日に開催されました。
 同IR機構は、評価・IR人材の育成や各大学のIR機能の強化などを目的に、加盟大学で連携して活動を行うべく平成24年度に発足したもの。発足以降拠点大学である九州大学を中心に、毎年度2回の連絡会を開催し、併せて研究発表や勉強会等も行っています。
 今回、鹿児島大学と鹿屋体育大学が幹事となり開催し、加盟大学10校とオブザーバー大学1校から理事、教職員含めて、40名の参加がありました。
 
 IR勉強会では、帯広畜産大学大学情報分析室から岡部康成特任准教授を講師に招き、「帯広畜産大学におけるIR活動の発展と課題」と題した勉強会を開催しました。最初に、IRの活動の背景となる、大学規模、歴史、入学、就職者の現状及びIRを行う組織設置時の業務予定が説明された後、実際にIRの活動を行うIRerとして、苦労・成功事例、実質的な現場での作業、執行部との良好な関係構築の事例や、BI(ビジネス・インテリジェンス)ツールを使用したデータの可視化のデモンストレーションもあり、IRを担う実務担当者には、有意義な勉強会となりました。
 
 
(写真上:説明を行う岡部特任准教授)
(写真下:連絡会・勉強会の様子)   

180214ir1.jpg

180214ir2.JPG