トピックス

>トップページ >トピックス >平成30年度大学院連合農学研究科前期学位記授与式を挙行

平成30年度大学院連合農学研究科前期学位記授与式を挙行

 9月21日、平成30年度大学院連合農学研究科前期学位記授与式が挙行され、授与式に出席した4名に、籾井和朗連合農学研究科長から学位記が授与されました。
 籾井研究科長から、「あなた方は、人類が抱える問題に真正面から取り組むことができるリーダーであり、明日の社会の牽引者でもある。人類の平和と安定のために、連大で学んだことを生かして、科学の進歩には勿論のこと、地域及び国際社会の豊かな発展に大いに貢献して頂きたい。」と告辞があり、続いて構成大学を代表し、琉球大学の井上研究科長より祝辞がありました。その後、修了生を代表して佐賀大学配属の飯笹さやかさんから、教員や研究室の仲間、家族・友人等に感謝の言葉が述べられ、「今日より、博士としての自覚と責任を胸に、謙虚に科学と向き合いながら、科学の発展と社会貢献に努めます。」と謝辞がありました。
 式には修了生らの指導を担当した教員やご家族も出席し、新しい博士の誕生を喜びました。
 授与式終了後に行われた祝賀会では、各構成大学の研究科長から修了生と指導教員の紹介があり、修了生から研究室での思い出とお礼の言葉がありました。
 
【平成30年度前期の博士学位取得者5名】
・日本人1名
・外国人留学生4名(バングラディシュ3名、中国1名)
 
(写真上 :学位記を授与される修了生)
(写真中上:告辞を述べる籾井和朗研究科長)
(写真中下:修了生を代表して謝辞を述べる飯笹さやかさん)
(写真下 :記念撮影)
 
 

180921_01.jpg

 

180921_02.jpg

 

180921_03.jpg

 

180921_04.jpg