トピックス

>トップページ >トピックス >「小学校×大学×地域による防災訓練」を開催しました

「小学校×大学×地域による防災訓練」を開催しました

[記事掲載日:19.08.16]

 7月15日、鹿児島市立荒田小学校及びそのおやじの会と、酒井 佑輔研究室(法文学部法経社会学科地域社会コース)は「避難生活を体験しよう!~荒田小学校災害防災訓練~」を開催しました。本事業は、一般社団法人九州地方計画協会より助成を受けています。


 防災訓練では、酒井ゼミに所属する学生が考案した防災クイズや、学校周辺の危険地域や避難経路を確認する防災まち歩き、水難訓練等を実施し、小学校の児童・生徒やその保護者、地域の大人らとともに防災について学びました。
 翌14日に予定していた留学生による母国での災害事例や防災に関する取り組みの発表や避難所体験は、大雨の影響で延期になったものの、参加した留学生からは「日本は災害大国なので、日頃から防災について考え、また、避難所等を実際に確認しておくことは重要だと感じた。継続して参加したい」等の意見がありました。

 

MG_7853_350x263.jpg 66523663_767192827046670_1809677447898071040_350x263.jpg

防災訓練の様子