トピックス

>トップページ >トピックス >JALグループからマスクと食品および応援メッセージカードを寄贈いただきました

JALグループからマスクと食品および応援メッセージカードを寄贈いただきました

[記事掲載日:20.10.07]

jalkizoupic1.JPG
 
 
 10月7日、コロナ禍における大学生生活に対する激励として、JALグループからご厚意により本学学生へマスク、ミニカップ麺と応援メッセージカードを寄贈頂き、この度、稲盛記念館3階にて学生へ配布しました。
 
 受け取った本学工学部3年大原功聖さんと同3年井手駿太さんは、「コロナで様々な活動が制限される中ではあるが、所属するロボット研究会で全国大会出場を目指したい。将来は航空業界に貢献できる仕事に就きたい」と、また、同3年井上和也さんは「卒業まで不安があるが、メッセージを読み勇気づけられた」と、立ち止まって社員からのあたたかな応援メッセージに目を通していました。
 この配布は昼休みに稲盛記念館3階で行っておりますが、数量限定でなくなり次第配布終了となりますので、お早めにお越しください。
  
 今後、本学では、10月5日に締結した「地域密着型パイロット人財創出プログラムの実施に伴う連携協力に関する協定」に基づき、説明会を開催の上、本学学生を対象に応募者を募り、JAL、JACと本学の3者で鹿児島の翼を担う地域に根差したパイロットの育成を目指します。追って説明会等もご案内していく予定です。
 
 
 
 
jalkizoupic3.JPGjalkizoupic2.JPG
ミニカップ麺・マスクを受け取り、応援メッセージを読む学生
 
 
jalkizoupic4.JPG
寄贈いただいたミニカップ麺とマスク、応援メッセージカード
     
 10月5日に開催の連携協定締結式の様子はこちらからご覧ください。