鹿児島大学地域人材育成プラットフォーム

MENU

プラットフォームの構成

 地域人材育成プラットフォームは、共通教育科目と専門教育科目の組み合わせで構成されます。 地域人材育成プラットフォーム用に開発した科目も用意しています。 全20単位で構成されます。

 

 プラットフォームとは、共通する基本構造、土台という意味です。 地域人材育成プラットフォームは、地域人材を輩出するための教育プログラムの基本構造・枠組と言えます。 プラットフォーム上で、具体的なテーマを掲げた教育プログラムが複数動きます。

   


大学と地域

1年次の必修科目ですので、全入学生が受講します。防災や観光など鹿児島の地域に根ざした問題を取り扱いながら、汎用的能力を磨きます。


プログラムスタートアップ科目

各プログラムでの学び方を考えます。1年次後期の履修が想定されます。


地域志向科目

共通教育科目のうち、特に地域との関連が強い科目が指定されています。合計4単位を修得してください。


プログラム科目

各学部の専門科目から指定されています。コア科目の指定があるものは、履修が強く推奨されます。また、他学部の科目を最低限2単位修得する必要があります。合計6単位を修得してください。


実地体験事前演習

インターンシップやフィールドワーク等の成果を高めるために、事前に課題解決型の学びを教室で展開します。他学部生と共に学びます。


実地体験

インターンシップで現実の課題解決に取り組んだり、フィールドワークで地域資源をより深く理解します。


プログラム修了演習

プログラムの総まとめをするための科目です。