トピックス:教育・学生

>トップページ >トピックス:教育・学生 >社会人向けプログラム「焼酎マイスター養成コース」第8期開講式を開催しました

社会人向けプログラム「焼酎マイスター養成コース」第8期開講式を開催しました

[19.05.16]

 5月11日、「かごしまルネッサンスアカデミー 焼酎マイスター養成コース」の開講式を開催しました。令和元年生となる第8期生は、21歳から68歳までの59名です。
 
 「かごしまルネッサンスアカデミー」は、平成18~22年度の期間、文部科学省科学技術振興調整費「地域再生人材創出拠点の形成」により実施された人材育成プログラムです。平成24年度からは、履修証明制度に基づく、社会人向けの人材養成事業として再スタートしています(詳細はこちら)。
 
 その中の一つである本コース「焼酎マイスター養成コース」は、焼酎に関する専門知識を有する人材となるべく、焼酎に関する計120時間の講義を受け、焼酎を体系的に学んでいただくもの。焼酎の製造や酒類販売に携わる方など、焼酎を通じて鹿児島の魅力を発信する総ての方を対象としています。 
 
 開講式では、はじめに岩井 久理事(企画・社会連携担当)から、「学内教員のみならず、第一線で活躍されているエキスパートの方も講師としてお招きし、質の高いプログラムになっていると自負しております。ここでの学びが有益なものとなるよう取り組んでまいりますので、2月までの長い期間となりますが、様々な知識や技術を習得いただき、焼酎を通じて鹿児島の魅力を伝える発信源として、また、焼酎業界を盛り上げる起爆剤として活躍されることを祈念しております。」と挨拶がありました。
 
 続いて、本コースをご支援いただいている鹿児島県酒造組合の本坊 浩幸副会長と、飲料専門家団体連合会の日置 晴之専務理事から、「世界のお酒における本格焼酎の商品特性を理解し、全国・世界へ発信をすることを期待する」と述べられました。また、本コース卒業生の”焼酎マイスター”の皆さんで結成された「かごしま焼酎マイスターズクラブ」について、同クラブの鮫島 吉廣理事長が案内しました。
 
 主催学部として、農学部副学部長の北原 兼文教授から、「世界で唯一、焼酎学を教育研究している鹿児島大学で学べる貴重な機会であり、多くを学び吸収して、本格焼酎の語り部となり焼酎文化の承継となってほしい」との激励の言葉がありました。
 
 最後に、受講生を代表して、渡辺 勝さんが、「この令和元年の年に、年齢幅のある同じ目標を持つ学生という立場の仲間がこんなにいらして、更にがんばろうと決意を新たにしました。焼酎の魅力を伝えていけるよう努力したい」と決意を述べました。開講式終了後は、オリエンテーションが行われ、昼食を挟んで、第1回の講義「芋焼酎の歴史」が行われました。
 
 また、同日、第7期修了生の希望者を対象としたSSI(日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会公認「焼酎唎酒師」の資格試験も行われました。
 
 
【関連】焼酎マイスター養成コースについてはこちら

190511_syochu_meister01.jpg
開講式の様子

 

190511_syochu_meister02.jpg
岩井理事による挨拶

 

190511_syochu_meister03.jpg
北原教授による挨拶

 

190511_syochu_meister04.jpg
受講生代表 渡辺さんによる挨拶

 

190511_syochu_meister05.jpg
8期生となられた受講生の皆さん