トピックス:教育・学生

>トップページ >トピックス:教育・学生 >堀之内聖さん(教育学研究科2年)の作品が「第66回県美展」で県美展賞に選ばれました

堀之内聖さん(教育学研究科2年)の作品が「第66回県美展」で県美展賞に選ばれました

[19.05.16]

鹿児島県美術協会などが主催する「第66回県美展」の審査結果が、5月15日公表され、教育学研究科2年の堀之内 聖(さとし)さんの作品「しじまの向こうへ」が、公募の部の最高賞である県美展賞に選ばれました。

公募の部には、洋画・日本画・彫刻・工芸・デザイン・写真の6部門に計599点の出品があり、419点が入選しています。

第66回県美展は以下の日程で、鹿児島市の黎明館と市立美術館で開催されます。なお本展の審査結果については、南日本新聞にも掲載されました(2019年5月6日付け23面)。
 
 
190516_kenbi_02.jpg
【作品情報】
タイトル「しじまの向こうへ」
大学院教育学研究科2年 堀之内 聖(さとし)
「県美展賞」(公募の部)受賞
 
【第66回県美展】
会期 2019年5月18日(土)~26日(日)
会場 鹿児島県歴史資料センター黎明館・鹿児島市立美術館
時間 両会場とも9:30~18:00 (最終日16:00まで) 
休館 両会場とも5月20日(月) 
主催 鹿児島県美術協会、鹿児島県、鹿児島市教育委員会
※入場には観覧料が必要(大人500円、高・大学生300円、小・中学生無料。20名以上の団体料金あり)。
 
 
【関連】