トピックス:教育・学生

>トップページ >トピックス:教育・学生 >進取の精神チャレンジプログラム 『地方創生活動部門』成果発表会を開催

進取の精神チャレンジプログラム 『地方創生活動部門』成果発表会を開催

[20.03.05]

令和元年度 鹿児島大学進取の精神チャレンジプログラム
『地方創生活動部門』成果発表会を開催
 
200227_sinshu_cp_pic01.jpg
発表風景(最優秀賞「KG base」)
 
 
 2月27日(木)、進取の精神チャレンジプログラム「地方創生活動部門」成果発表会を開催しました。本プログラムは、学生自らが企画・運営・実施する様々な活動に対して支援を行うもので平成25年度から始まった企画です。
 平成28年度には、学生が県内自治体や企業などと連携した地域貢献活動を支援するため、新たに「地方創生活動部門」を創設し、今年で4回目を迎えました。
 
 今回は6団体からの応募のうち5団体が採択され、地方創生活動部門を創設して以来、計22団体、総勢188名の学生が地域課題の解決や地域の活性化に主体的に取り組んできました。
 成果発表会には38名(自治体関係者4名を含む)が参加し、学生の取組に対してご質問やご意見をいただくなど、今後の活動展開に向けて励みとなる機会になりました。
 審査の結果、最優秀賞は、「 KG base 」(団体名)が実施したプログラム「錦江町子ども未来作りプロジェクト」に、他の3団体(薩南諸島勉強会、チーム中名、鹿児島大学ウミガメ研究会)には優秀賞が授与されました。
 
 最後に学長から、「地域と連携して自主的にプログラムを進められおり、本学の地域貢献を推進する活動として大いに評価します」との講評が述べられました。
 
 
200227_sinshu_cp_pic02.jpg
発表者との記念撮影