トピックス:教育・学生

>トップページ >トピックス:教育・学生 >令和3年度学長と学部新入生との懇談会を開催

令和3年度学長と学部新入生との懇談会を開催

[21.11.22]

 11月15日、「令和3年度学長と学部新入生との懇談会」をオンラインで開催しました。この懇談会は、学長自らが学生の意見や要望等を聞くことによって、今後の大学運営に役立てることを目的として実施しており、各学部から15名の学生が出席しました。
 
 冒頭、佐野輝学長から「皆さんの本学への思いや期待等を交えながら、自由闊達な懇談をしたいと考えています。皆さんの挑戦心や行動力が本学の発展や活性化に繋がるものと思いますので、是非、活発な意見をお願いします。」と開会の挨拶がありました。
 
 出席者の自己紹介に続き、武隈晃理事(教育担当)の進行のもと、「学生生活について~入学してから現在までの状況と将来にむけてどのようなことを学びたいか~」をテーマにフリートーキングの形で懇談が進められました。
 学生からは「対面授業も多くなり、友達もできて楽しく過ごしています」、「Zoomのグループワークでのコミュニケーションをとる難しさを感じた」、「体育館の改修や部室を増やして欲しい」、「履修単位数に上限が設けられているが、もっと学びたいので上限の撤廃か緩和をお願いしたい」など授業の感想や施設の改修、学習環境や制度に対する率直な要望や提案が出されたほか、将来に向けて明確な目標を持ち努力していきたいとの意欲的な思いが語られ、大変有意義な懇談会となりました。
 
 最後に、佐野学長は「これから苦しいことも色々あると思いますが、大きい夢を持ちながらこれからの4年ないし6年間頑張って過ごしていってください」と激励を送りました。
 
 懇談会に引き続き鹿児島大学学生モニター委嘱式を行いました。学生モニター制度は、本学の教育、学生生活、就職等の支援の実施にあたり、学生の意見、要望などを反映し改善につなげていくことを目的として、一昨年度から整備された取組です。この懇談会に出席した学生に対し、武隈理事から委嘱状を交付しました。今後、定期的に学生モニターから意見等を聴取していく予定としています。
 
211115_kondan.jpg
(懇談会参加者と記念のスクリーンショット)
 

(関連)昨年度の様子はこちら