トピックス

>トップページ >トピックス >鹿児島大学海音寺潮五郎記念東京学生宿泊施設が開所

鹿児島大学海音寺潮五郎記念東京学生宿泊施設が開所

[記事掲載日:15.08.03]

 鹿児島大学学生の首都圏における教育・研究活動等(就職活動・課外活動等)の宿泊拠点となる「海音寺潮五郎記念東京学生宿泊施設」を東京都世田谷区内に開所することになり、7月30日に看板上掲式を挙行しました。
 本施設は、鹿児島県出身の直木賞受賞作家 海音寺潮五郎氏の旧記念館を、平成24年度に本学が寄附受けした後、施設の活用方法等について学内で検討を行った結果、前述の用途・目的での運用が決定されたものであり、地上2階建て、建物延面積は389㎡、宿泊室は全5室(4人部屋4室、1人部屋1室)で収容人員は17名、その他共用のシャワー設備等が整備されています。また、敷地内の庭園には海音寺氏の石碑などがあります。
 
 今後は、既に運用中の東京リエゾンオフィス(本学の首都圏における事務所機能)とともに、首都圏での学生の活動拠点並びに宿泊施設として利用されることにより、教育研究効果が大いに高まることが期待されます。なお、本施設は平成27年8月3日から運用を開始しています。
 
(写真上:看板前にて、左から清原貞夫理事、内山修一学生部長)
(写真中:施設外観)
(写真下:宿泊室(4人室))
 
 ※画像はクリックすると拡大表示されます

150731kaionji1.jpg

150731kaionji2.jpg

150731kaionji3.jpg