トピックス

>トップページ >トピックス >鹿児島大学履修証明プログラム「稲盛経営哲学プログラム」(第4期)修了式を開催

鹿児島大学履修証明プログラム「稲盛経営哲学プログラム」(第4期)修了式を開催

[記事掲載日:16.03.24]

 3月19日、鹿児島大学履修証明プログラム「稲盛経営哲学プログラム」(第4期)修了式が開催され、29名が修了しました。 
 学校教育法に基づく履修証明プログラム「稲盛経営哲学プログラム」は、進取の精神を涵養し、経営者や地域社会のリーダーとして活躍する人材を養成することを目的に、昨年9月より土曜日6時間20回、総時間120時間開講されました。  
修了者は約6ヶ月にわたり、『稲盛和夫の歩み』『実学―経営と会計―』『経営12ヵ条』『アメーバ経営論』『稲盛和夫の人材育成論』『稲盛和夫の「働き方」論』『実践経営論』の7つの科目を体系的に学び、稲盛経営哲学の理論と実践の両面について幅広い知識を習得しました。
 前田芳實学長より履修を証明する履修証明書が、修了者一人一人に手渡されました。
 前田学長から、挨拶の中で、「皆様方が本アカデミーで学んだことをもとに、企業経営、地域社会のリーダーとして鹿児島の再生と活性化のために活躍してください」とお祝いの言葉が贈られ、また、吉田浩己 稲盛アカデミー長からは、「プログラムで学んだことを進取の精神を持って実践することにより、稲盛経営哲学をさらに深く理解し、体得していただきたい」と激励の言葉が贈られました。
 修了者を代表し、西山 元子さんから今後の抱負とアカデミーへの感謝の思いが述べられました。
 
(写真上:履修証明書授与を行う前田学長)
(写真中:挨拶を行う吉田アカデミー長)
(写真下:記念撮影)

160319inamori1.JPG

160319inamori2.JPG

160319inamori3.JPG