進取の気風にあふれる総合大学

国立大学法人鹿児島大学

文字サイズ

トピックス

トップページ>トピックス>淡江大学長一行が学長を表敬訪問

淡江大学長一行が学長を表敬訪問

[17.04.24]

170417hyoukei01.jpeg
170417hyoukei02.jpeg
170417hyoukei03.jpeg
 4月17日、台湾・張家宜(チャン チアイー)淡江大学長ら一行が前田芳實学長を表敬訪問しました。
 淡江大学とは2005年に大学間学術交流協定を締結して依頼、交換留学生による学生交流を中心に活発な学術交流が行われており、今回は、学術交流をさらに推進するための連携強化の一環として、前田学長を訪問しました。
 馬場昌範副学長の歓迎挨拶に続く懇談では、両大学の特色や教育理念に始まり、これまでの交流実績や今後の活動予定について話が交わされました。懇談の中で、前田学長より「淡江大学と交流することでコスモポリタン的な考え方や台湾の文化、国際的感覚を学べることは、鹿児島大学の学生にとって非常に喜ばしいことです。淡江大学の学生にも、今後の交流を通じて鹿児島の自然や風土についても学んでいただければ嬉しいです。」と語られました。
 また、張学長から「学術交流協定が締結されて以来、学生の交流が両大学の間で頻繁に行われていて大変嬉しく思います。これからは、学生だけでなく教員の研究に関する交流についても活発に進めていきたい」と語られました。
 今回の訪問を通じて、両大学間の学生交流のみならず、共同研究についても更なる発展が期待されます。
 
 
(写真上:懇談の様子)
(写真中:記念品贈呈)
(写真下:記念撮影)